1. 2014年度の初任給は大幅アップ! 企業の業績改善が初任給にも反映か

2014年度の初任給は大幅アップ! 企業の業績改善が初任給にも反映か

by KamrenB Photography
 最近の新入社員の初任給がどの程度であるのか気になりませんか?

 2014年4月、民間調査機関の労務行政研究所が新入社員の初任給を調査し、4月7日までにデータを得ることができた東証一部上場企業237 社について速報集計をまとめました。

労務行政研究所は、今年4月入社者の決定初任給を調査し、東証1部上場企業237社について速報集計をまとめた。 2014年度の初任給を前年度と同額に据え置いた企業が75.5%で、13年度(95.4%)に比べて約20ポイント低下。大手中心にベアや賃金改善の回答が相次いだことが、初任給の動向にも影響。

出典: 「2014年度 新入社員の初任給調査」~東証第1部上場企業237社の速報 ...

2014年度新入社員の初任給アップ!

 調査結果から、2014年度の新入社員の初任給を前年度と同額に据え置いた企業は75.5%であったことが分かりました。この数字は、2013年度の95.4%と比べると約20ポイントの低下となります(グラフ下参照)。
 ちなみに、2009年に世界不況に陥ってから新入社員の初任給の据え置き率は92.7%に上昇し、その後は95%前後で推移している状態でした。

 また、2014年度の全学歴(大学卒、大学院卒修士、短大卒、高校卒)の初任給の引き上げ率は23.2%となり、2013年度の4.2%とと比べて19 ポイントも増えています。

 以上のことから、景気は回復してきていると言えるでしょう。

実際はいくらになったの?

 2013年度の労務行政研究所の調査による親友社員の初任給額の水準は「大学卒 20万5647円」、「大学院卒修士 22万2300円」、「短大卒 17万2546円」、「高校卒 16万1084円」とのこと。
 
 それに対して、2014年度の新入社員の初任給額の水準は「大学卒 20万6258円」、「大学院卒修士 22万2998円」、「短大卒 17万4329円」、「高校卒 16万1687円」となっています。

 このように、実際に新入社員の初任給が上がっていることがみてとれます。

なぜ新入社員の初任給が上がったのか?

 ではなぜ、新入社員の初任給は上がったのでしょうか?

 この理由としては、大手企業を中心にベースアップ(ベア:世の中の物価上昇を考慮に入れて、労働者の給料を一律に上げること)や賃金改善の実施が相次いでいることが挙げられます。企業の業績が改善していることに伴い、新入社員の初任給も上がっているのです。

 ベアや賃金改善の主な背景としては、輸出産業を中心とする企業業績の回復やデフレ脱却に向けた賃上げの政労使合意(政府・労働者・使用者の3者が話し合い、雇用問題対策などについて合意すること)などが挙げられます。


 会社の業績アップによる初任給の向上は、新入社員にとって働くモチベーションとなり、会社全体に好循環をもたらします。今回の景気回復が一時的なものではなく、持続的なものとできるかが今後の日本全体の課題となりそうです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する