1. 「就職活動は一切してませんね」ーー オリエンタルラジオ藤森慎吾が自身の就活を振り返る。

「就職活動は一切してませんね」ーー オリエンタルラジオ藤森慎吾が自身の就活を振り返る。


 これから就活を迎える学生の多くが抱える悩みや不安。何をすればいいかもわからずに、気持ちばかりが焦っている人もいるだろう。そんな人のために、独自の道を歩く4人の先輩が一筋の光を与えてくれるイベント、「『人を楽しませる』を仕事にしたい学生のためのセミナー」が明治大学で開催された。その講演を5回に分けて書き起こしていく。

 最初のテーマは、登壇者の大学時代の就活について。特別な道を歩む人も、最初からその道に進むことが決まっていたわけではない。大学生として、就活にはどのように臨んだのだろうか?

登壇者

芸人 2003年から中田敦彦とコンビ「オリエンタルラジオ」として活動 藤森慎吾氏
クリエイティブディレクター 2011年にクリエイティブラボ「PARTY」設立 中村洋基氏
株式会社TBSテレビ 番組プロデューサー 中島啓介氏
BASE株式会社 共同創業者/取締役 LivertyやCAMPFIREなど複数の立ち上げに関わる 家入一真氏

モデレーター

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 佐藤詳悟氏

見出し一覧

・電通を辞めて自分の道へ
・テレビに双方向を持ち込む
・ミーハーだから、ESは貰いまくった
・いくつか受かったけど、やっぱりテレビが良かった
・就活だけが選択肢じゃない

電通を辞めて自分の道へ

佐藤:まずは家入さんから、自己紹介をお願いします。

家入:僕は、起業家です。少し前には選挙に出ました。なぜ出たかっていうと、例えば学校をやめちゃったりとか、いじめられたとかで行き場をなくした人っているじゃないですか。そういった人達の居場所を、政治っていう視点から作れるんじゃないかなって思って出ました。

藤森:すごいと思います。いろんなことをやってる人です。

佐藤:続いて洋基さん、クリエイティブディレクターというのは。

藤森:かっこいいですね、ハイパーメディアクリエイターみたいな。こういう肩書があるとわかりやすい。

中村:今は独立しちゃって20人ぐらいの小さい会社ですけれども、もともとは電通で働いていました。でも、電通にも新入社員で入ってないんですね。週3のバイトを経由して入社しました。4年後独立して、会社を作りました。最近は、20年後の車のコンセプトを作るみたいな仕事をしました。
 
 他には、「しずかったー」とか。これはトヨタでトヨタウンというCMのお手伝いとして作ったアプリです。それが、なんと130万ダウンロード。

藤森:「しずかったー」ってどんなアプリでしたっけ?

中村:Twitterに、人の悪口とか書いて送っちゃうことってあるでしょ? 僕、酒に酔っぱらってTwitterするくせがあって。

 その汚い言葉のツイートを無理矢理しずかちゃんの言葉に変換するというものです。仕事は基本的に広告が多いんですけど、テレビの企画とかもやっています。

藤森:ざっくり言えばマスコミというジャンルでいいんですかね?

中村:そうですね。

テレビに双方向を持ち込む

中島:TBSの中島と申します。

藤森:彼は敏腕ですから、本当に。いま何歳?

中島:28歳です。

藤森:28歳で番組作るって、なかなかいないですからね。

中島:肩書はプロデューサーですね。基本的に若い人向けとか、ネットとテレビを連動した番組とかを考えています。

 それまでは、「音楽番組」や「ぴったんこカンカン」で泥だらけのAD時代を過ごしていました。

藤森:老舗の番組をやりながらも、こうやって新しいものにチャレンジする。すごく楽しいですね。

中島:最近で言うと、みなさん知っていますか? 「リアル脱出ゲームTV」なんかもやりました。

 他には、「ジンロリアン〜人狼〜」という嘘つきを探す企画もやりました。9人ぐらいの人がだまし合いをして、嘘をついてる2人の人を、テレビを見てる人がネットを通じて投票していくというものです。

藤森:双方向、視聴者も参加できるような番組。

中島:そうです。

佐藤:今はなんて名前の部署なんですか?

中島:次世代ビジネス企画室っていうよくわからない部署です。制作局は、番組を作るときだけ制作局に入るという形になっています。ずっと番組を作るだけじゃなくて、企画を作って、思いついたら番組やってということですね。

佐藤:ありがとうございます。

ミーハーだから、ESは貰いまくった

藤森:次は僕ですね。明治大学4年生の時に、吉本興業のNSCという養成所に1年間通って、2005年の卒業と同時に吉本所属になりました。ちょうど今年で10年目です。今日は、「芸人になりたいよ」という人はあまりいないと思いますけど。

 就職にはいろいろな悩みもあると思うので、その手助けになればと思います。別に、「こうすれば芸人になれますよ」みたいな話はしないので、心配しなくて大丈夫ですよ。

 僕も実際、大学生の頃に就職活動はしていて、エントリーシートをいろんな企業からもらったり、OB訪問をしたりしながら、吉本の養成所に行ってました。

佐藤:何になりたいとかは考えていましたか?

藤森:やっぱりミーハーだったんで、マスコミとかに憧れはありましたね。エントリーシートは電通やフジテレビ、それから銀行からも貰いました。何も考えずって言うと語弊がありますけど、すごくミーハーだったので。

佐藤:芸人になろうと思ってNSC。もちろんOB訪問とかないですもんね。

藤森:ないです、芸人のOB訪問なんて。

佐藤:その選択肢にNSC以外はなかったってことですよね??

藤森:いろんな事務所がありますけど、単純にお笑いやるなら吉本だと思ったので吉本に入りましたね。大きい事務所でもあるし、好きな先輩が一番多いというのもありましたけど。

いくつか受かったけど、やっぱりテレビが良かった

佐藤:家入さんは就活とかもちろんしてないですもんね。

家入:そうですね、してないです。

佐藤:洋基さんは?

中村:ほぼしてません。ただ、1社だけしました。

佐藤:1社したんですね。どこですか?

中村:ラジオのニッポン放送。その時、ニッポン放送で仕事をしていたので、入れてくれるかなって思ってたんですけど、ダメでした。

藤森:中島さんは、ちゃんとしたルートでTBSですよね?

中島:はい。でも、僕は色んなところを受けました。広告を受けて落とされ、テレビ局もTBS以外は落とされて…。最終的に唯一拾ってくれたTBSに入りました。

佐藤:1社だけですか?

中島:そうです。メーカーからも内定は頂いたんですけど、広告・テレビ業界に憧れていたので断りました。

就活だけが選択肢じゃない

藤森:僕は結局、エントリーシートをもらっただけでしたね。

佐藤:就職活動をしながらNSCにも行っていたんですか?

藤森:そうしようと思ったんですけど、そこは一回断ち切りました。途中までは、並行してやった方が保険もきいていいかなって思ったんですけど、それは中途半端だと思い、片方に集中しました。そこで就活を辞めて、4年生の時には養成所に入っていたので、就職活動は一切してませんね。

佐藤:僕も2社ぐらいしか受けてないです。

藤森:何で今日、このイベント開いたの? 就活まっただ中なんでしょ、今。でも、いろんな可能性があるんだよっていうことを伝えたいですね。

中島:就職活動だけが選択肢ではないですからね。

藤森:中島さん、ちゃんとしてますね。

佐藤:そんな4人でお願いします。

家入:あんまり就活はやらなくていいよって結論だったり。

藤森:それはそれで困りますけどね。(続く)


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する