1. 僕らが求めていた家庭用ロボットはコレかも。映画、音楽、温度と何でもありの「KEECKER」

僕らが求めていた家庭用ロボットはコレかも。映画、音楽、温度と何でもありの「KEECKER」

 皆さんには、この丸みを帯びた物体が一体何に見えるでしょうか?

 その正体は家庭用ロボット!名前を「KEECKER」と言い、デザインはシンプルながらも、”面白さ”と”機能性”を兼ね備えたユニークな家庭用ロボットなんです。

プロジェクター、360°3Dサラウンドスピーカー搭載

 「KEECKER」は90インチのプロジェクター、360°の3Dサラウンドスピーカーを搭載しています。この機能を使って、自宅の壁を映画館のスクリーンのようにすることが可能。
 「KEECKER」は家の間取りを記憶し、自動で動きます。
 スマホから行き先を指定すると、自動でその場所へ。その移動する姿は、まるでスターウォーズに出てくるR2D2みたい…!

 これまで、映画などを大画面で楽しむには、プロジェクターの装置が必要でしたが、「KEECKER」を使うことで、自宅の好きな場所で見たかったコンテンツを大画面で楽しむことができるでしょう。
 また、映画を見る以外にも「KEECKER」のプロジェクターを使ってゲームをしたり、Webブラウジングをすることも…。これは便利ですね!

楽しませるだけでなく、家の安全も守る

 プロジェクターや音響システムで人を楽しませるだけでなく、「KEECKER」は家の安全も守ってくれます。高度なセンサーが搭載されており、空気の質、温度/湿度、騒音などを検知し、異変があった場合はスマホに通知が!
 さらに、360°カメラもついているので、自宅の状況を手持ちのスマホと連携し、モニタリングすることも可能。
 子供が家に一人きり…。そんな時も「KEECKER」があれば安心!


 現在、Kickstarterで資金を募集しており、今ならアーリーアダプターとして1つ$2490で購入することが可能。

 映画の投影や音楽、家のセキュリティなど、とにかく何でもこなしてくれる「KEECKER」。これまで、家庭用ロボットは幾つも発売されてきましたが、もしかしたらこの家庭用ロボットこそが、求めていたモノなのかもしれませんね。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する