1. ロボットの操作も新たな次元に!iRobotがタブレットでロボットをコントロールするアプリを開発中

ロボットの操作も新たな次元に!iRobotがタブレットでロボットをコントロールするアプリを開発中

 ルンバでお馴染みのiRobot社。ロボット産業のパイオニアとして様々なシーンで活躍するロボットを開発していますが、最近はロボットの新たな操作システムの開発にも力を入れているようです。
 そのシステムは「uPoint」と呼ばれ、タブレットでロボットの操作を可能にするものです。操作するための準備もカンタンで、専用のAndroidアプリとiRobot社のロボットをBluetoothで繋げるだけ。

 これまでロボットの操作は、複雑で難儀なものだったのですが、この「uPoint」のシステムの登場によって、ロボットの操作を直感的に行えるようになりました。
 ジョイスティックを使った操作がメインとなっているので、ゲームのコントローラーのような感覚でロボットを操作することができるそう。


 このシステムがリリースされるのは、2015年半ばになるとのこと。医療や災害救助、はたまた個人での活用も進んでいるロボット。iRobotの「uPoint」によって、よりロボットが一般的になっていきそうですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する