1. 決済サービスの本命はLINEか。「LINE Pay」でLINEは本当に日本のインフラになる

決済サービスの本命はLINEか。「LINE Pay」でLINEは本当に日本のインフラになる

出典:www.pexels.com
 半端ないLINEのスピード感!

 先日、Appleが決済機能「Apple Pay」を発表し、世間を賑わせましたが、LINEもそれに追随するかのように決済システムを発表しました!
 名前は「LINE Pay」。クレジットカードと連携し、決済をLINEから行えるようになります。リリースは今年の冬を予定。
 「LINE Pay」は、「送金機能」「割り勘機能」を兼ね備えているのが特徴的。LINEのアカウントが繋がっている人にお金を送ることができる「送金機能」は、相手の銀行口座を知らなくても問題ありません。

 また、「割り勘機能」は友達の誕生日プレゼントを購入する時や飲み会での会計などで役に立ちそう。コミュニケーションツールのLINEならではの機能と言えるのではないでしょうか?

 最大10万円がチャージできる「プリペイド機能」もついており、コンビニでプリペイドカードを購入すれば、手軽に残金をチャージすることができます。

 決済サービスで気になるのがセキュリティですが、LINEで使っている番号とは異なるパスワードを設定させるとともに、Touch IDもセキュリティ対策として使うことが可能で、今後も継続的にセキュリティの改善は図っていくそう。乗っ取り事件もまだ収拾していないので、慎重に対応してもらいたいものです。

海外での流行りを取り入れた?「LINE Pay」と連携する新サービスの発表も

 決済システム「LINE Pay」を発表したLINEですが、同時に「LINE Pay」と連携する新サービスの発表も行いました!

 その1つ目がタクシーの配車サービス「LINE Taxi」。スマホからタクシーを呼び出せ、支払いはLINE Payで行うことができます。今年の冬に東京限定でサービスを開始し、2015年から全国的に展開していくとのこと。地方出張や旅行の時などに役立ちそうですね。

 2つ目はデリバリーサービス「LINE Wow」。あらゆるモノの配達を目標としているのですが、まずは今年の秋からフードデリバリーサービスを開始。配達地域は、渋谷区から少しずつ広げていくようです。

 決済に加え、タクシーの配車、デリバリーまで。コミュニケーションツールとして始まったLINEですが、もはやコミュニケーションの枠を飛びこえて、生活に欠かすことの出来ないインフラになろうとしています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する