1. バッグを変えれば仕事もしやすく。働く女性を機能性でお助けする通勤バッグの選び方4つ

バッグを変えれば仕事もしやすく。働く女性を機能性でお助けする通勤バッグの選び方4つ

出典:dokujo.jp
 毎日使う通勤バッグ、どんな基準で選んでいるでしょうか。バッグをデザインだけで選んでしまったがために、持ち運びにくかったり、中で荷物がかさばって使いづらかったり、そんな経験はありませんか? ここでは、あなたの仕事をお助けするような、本当に使えるバッグの選び方を提案します。

A4サイズが入ることは第一条件

出典:blog.bekku-homme.com
 仕事上、A4サイズのファイルや書類を常に持ち歩いている方も多いはず。そんなときにバッグが小さいと、持ち物が見えて恥ずかしい思いをしたり、中で書類が折れてしまったりします。そういうことは避けたいですよね。バッグを購入するときは、普段自分が使うものがしっかりと収まるかどうかの確認は絶対にしましょう。

2wayは荷物が重いときに便利

出典:store.ponparemall.com
 荷物が多くてバッグが超重量になってしまう方にオススメしたいのが、持ち手が2wayになるタイプのバッグ。荷物が重く、バッグを手で持つのが大変なときには、付属の長いストラップを着けてショルダーバッグにしましょう。ストラップの長さが調節できるアジャスターがあると便利ですね。

かさばる荷物は内ポケットで整理整頓

 財布にパスケースにメイクポーチに・・・と細かい荷物が多い方は、内ポケットが充実しているバッグを選んで、バッグの中を整理整頓しましょう。チラッと見えたバッグの中までキレイな女性は、好感度が上がります! 

 また、バッグインバッグを使うという方法もあります。バッグインバッグとは、大きなバッグの中に入れて荷物を仕分けするための小形のバッグのことで、インナーバッグともいいます。インナーバッグに細かい荷物を入れておけば、バッグを変えるときにそのまま中身を移動できるので、「あの荷物、前のバッグにいれたまま!」というのも防げますね。

底がしっかりしていて自立するかどうか

出典:www.mansaw.net
 外出中、バッグを地面に置かざるを得ないときってありませんか?そんなとき、バッグが倒れて中身が出てくるのは本当に困りますよね。通勤バッグをより多くのシチュエーションで使うためには、底がしっかりしていて自立するタイプを選びましょう。バッグの底が直に地面に着くのを避けたいときは、底に鋲(びょう)が着いているものがオススメです!


 バッグって、他のどのファッションアイテムよりも機能性が重視されるアイテムです。自分が仕事をする上で、どんな機能が必要になるのか、購入前に1度考えてみてはいかがでしょう。きっと働く自分の相棒になるバッグが見つかるはずですよ!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する