1. 気になる部分は服でカバー!コンプレックスを上手に解消してスタイルをよく見せるコツ4つ

気になる部分は服でカバー!コンプレックスを上手に解消してスタイルをよく見せるコツ4つ

出典:d987815.u50.truepath.com
 女性なら誰でも自分の体型に1つや2つ、悩みがありますよね。体の特徴は人それぞれで、コンプレックスもそれぞれ違います。だけど、体型を変えるのってそんなに簡単なことではありませんよね。そんなときは服を味方につけて、気になるところをカバーしてみませんか!

二の腕カバーにはフレアスリーブ

出典:item.rakuten.co.jp
 なかなか痩せない二の腕のカバーには、フレアスリーブのトップスがおすすめ!袖がゆったりとしたデザインのため、二の腕が目立ちません。注意したいのは袖の丈です。太い部分で終わってしまう丈では意味がないので、自分が気になるところが隠せる長さで丈が終わるものを選びましょう。同様に、袖の部分にボリュームのあるパフスリーブも着痩せ効果がありますよ。

ペプラムトップスでくびれを作る

出典:www.locondo.jp
 ペプラムトップスはウエスト部分でデザインの切り替えがあるため、ウエストがしまって見えますし、自動的にくびれがあるように見せてくれます。また、ウエストの位置が上がって見えるので、脚長効果も期待できますね。ペプラムトップス自体で、しめる部分とボリュームを出す部分の調節ができているので、ボトムスはそれを邪魔しないデザイン、例えば細身のパンツやシンプルなストレートスカートにしましょう。

タックパンツはヒップ周りが気になる方に

出典:usagi-online.com
 ヒップ回りが気になる方にはタックパンツがオススメです。タックパンツは、ゆったりとしたデザインでヒップ周りをカバーできる上に、カッチリしたいときのコーデにも使える優秀なパンツです。腰回りを気にして流行のハイウエストやホワイトパンツに挑戦できなかった方も、このタックパンツでならそのトレンドをうまく使えますね。

デコルテを見せて肩幅をカバー

出典:www.amazon.co.jp
 肩幅が広く、服を女性らしく着こなせないというときは、デコルテの部分が大きめに開いたVネックやUネックのトップスを選びましょう。デコルテに視線を持っていき、肩幅を狭く見せるという視覚的効果を狙えます。逆に肩幅が広く見えてしまうNGなトップスは、アメリカンスリーブやホルターネックのもの。肩に視線が行き、体の横のラインが広く見えてしまいます。


 好きな形の服ばかりを選んで、自分の体型のコンプレックスを目立たせてしまっていることはありませんか?どんな人でも、体型に合った服を選べばスタイルをアップさせることができます。どの服が気になるところをカバーしてくれるのか考えて、自分なりのオシャレを楽しみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する