1. 相手の気持ちになって話を進めていく! 話し上手になるための方法

相手の気持ちになって話を進めていく! 話し上手になるための方法

by sbeez
 ビジネスマンであれば話し上手になりたいという方もいますよね。話し上手になることで、営業や日々でより良いコミュニケーションが取れるでしょう。それでは実際、どのように話せばいいのでしょうか? ここでは、話し上手になる方法を紹介します。

相手の話を把握することが話し上手に近づく

 話し上手になるための方法ですが、まず大切なのは聞き上手になる事です。相手の話の概要を把握し、自分の話に生かせる人が話し上手だと言えます。聞いた内容から、質問や意見、感想などを言うだけでも話のバリエーションや、レパートリーが増えるでしょう。

話の軸をブラさない

 話の上手い人は、話の軸がしっかりしています。話が苦手な人は途中で話題が脱線して、結局何を話したかったのかわからなくなる場合が多いです。話をする時には、最終的な着地点を明確にし、話の筋道をしっかりと通すことを意識してみましょう。そのためにも、まず話の内容を自分で組み立てる余裕を持つことが必要かもしれませんね。

なるべく長く話すようにする

 自分が話す時に、会話の続けやすい相手とはどのような人でしょう。それについては、自分で相手の話のネタを提供している人なのではないでしょうか。相手と話を続けるためにも、相手の興味がありそうな話を見つけ出し、会話が続く要素を作り出していくことが重要です。


 ここでは、話し上手になるための方法を紹介しました。話し上手になるためには、様々な努力が必要ですが、まずはここで紹介したようなテクニックを用いてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する