1. 悩んでいる時間が一番ムダ! ビジネスでの優柔不断な正確の直し方

悩んでいる時間が一番ムダ! ビジネスでの優柔不断な正確の直し方

by garrettc
 ビジネスでは、常に決断をすることが求められます。例えば、今日はどのような順番で仕事を進めていくのか、仕事はどこまで進めるのかなど、ビジネスマンには常に迅速な判断が必要です。しかし、優柔不断な人は判断に時間がかかってしまうもの。特に時間が勝負となる仕事では、結果に大きく影響することもあるでしょう。ここでは、そのような優柔不断の直し方を紹介します。

制限時間を設けて判断する

 優柔不断な人は、判断に時間がかけ過ぎてしまっています。特に、時間に制限がない場合は自分の持ち時間ギリギリまで考えてしまいがち。あらかじめ制限時間を設けることで、プレッシャーがかかるだけでなく、自分の判断に迷う時間も短縮することができますよ。

完璧主義をやめる

 優柔不断の人は、他者からの評価を気にしてクヨクヨ悩み、決断するのが怖いと思ってしまうことが多いのではないでしょうか。絶対に失敗しない方法などビジネスにはありません。「失敗してはいけない」というプレッシャーを感じ完璧を目指すよりも、その場で素早く判断することを心掛けましょう。

大きな視点で物事を考える

 優柔不断を直すためには、目先の仕事のことだけで頭を一杯にせず、もっと大きな視点で仕事を考えることが必要です。一つの判断が最終的にどういう方向へ向かうのかを考えてみると、案外その一つひとつはそれほど大きな思慮が必要ない場合もあります。また、どちらを選んだとしても、結果には関係なかったということも起こります。目先の結果ではなく、もっと大きな視点を持つことで、優柔不断な対応をせずに済むでしょう。


 ここでは、優柔不断の直し方を紹介しました。最終的に、判断に迷っている時間が実は一番ムダな時間だったなんてことにならないためにも、早い段階で決断が下せるビジネスマンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する