1. 「仕事に向いていないかも…」自分の仕事に自信が持てないときの判断基準

「仕事に向いていないかも…」自分の仕事に自信が持てないときの判断基準

by PhotosByDavid
 仕事をしていると、自分は本当はこの仕事に向いていないのではないかと思うことはありませんか? 自分に合った仕事を行えていればモチベーションも上がりますし、キャリアプランも明確になります。自分はこの仕事に向いているとハッキリ感じるためにも、ここでは、自分の仕事が向いているのか向いていないのかの判断基準について紹介します。

将来に向けてのイメージが掴めるか

 仕事での目標や、目指すべき理想像が見える仕事というのはやはり取り組んでいて楽しいものです。また、仕事に対して真摯に向き合う姿勢がある場合にしかプランニングはできません。将来に対して明確にイメージができている場合は、自分に向いている氏仕事だと考えて良いでしょう。

仕事を振り返ってみて、やりがいや楽しさを感じられるか

 あなたはなぜ仕事をしていますか? お金を稼ぐため、生活を続けるためという理由以外にも、その仕事を選んだ理由があると思います。仕事でのやりがいや楽しさを考えてみて、自分が楽しいと実感できる部分がある場合、それは、あなた向きの仕事だと言える可能性は高いです。

悩みを感じるようなことはないか

 仕事が向いていないと感じる場合、それは単に仕事が向いていないのではなく、悩み事を抱えているからかもしれません。悩みを感じるような内容がある場合、原因をしっかりと取り除くことが先決です。まずは、原因の究明と除去を行うようにしましょう。


 ここでは、仕事が向いていないと感じたときの仕事の適性の判断基準について紹介しました。まずは、自分が今の仕事に向いていないのか、その場合はどこに原因があるのかを考え、自分の仕事についてもう一度見直す時間を作るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する