1. 撮る!喋る!追いかける!GPSで追いかけてくるドローン「Plexi Drone」がカッコかわいい

撮る!喋る!追いかける!GPSで追いかけてくるドローン「Plexi Drone」がカッコかわいい

 「ドロニー(ドローンを使って自撮りをする人)」という言葉が生まれるほど、最近注目を集める自撮り用の空撮ドローン。様々な空撮ドローンがこれまでに生まれてきましたが、新たに何とも言えないカッコかわいさのある空撮ドローンが開発されています。

撮る!喋る!追いかける!まるで自分の友達のようなドローン「Plexi Drone」

 そのドローンの名は「Plexi Drone」。GPSで自分のことを追跡して写真を撮り、飛び立つ準備ができたら「準備OK」と言ってきたり、障害物ばかりの道をフライトさせると怒ってきたりするお茶目な空撮ドローン。

 追跡は「Plexi Drone」独自のワイヤレスルーターと手持ちのiPhone/Android端末をBluetoothで連携させるだけ。1マイル(1.6km)圏内であれば、自分のことを追跡して写真を撮ってくれるのです。
 登山している姿を空中から撮影してくれたり、
 運転中の車を追っかけて撮影してくれたりもします。

 また「Plexi Drone」は、6.5m先に障害物を発見した場合は自動で避けてくれるので、途中で壊れる心配もなさそう。

 「Plexi Drone」には、今話題の「GoPro HERO3」や360°全方位カメラ「bubl」など様々なカメラを取り付けることが出来るので、自分好みの迫力ある写真を撮影できます。

 現在、「Plexi Drone」はINDIEGOGOで資金を募集しており、必要なものが全て揃ったスタートキットは1つ$479で購入することが可能。自分のことを追っかけ、時にはちょこっと怒ってくれる可愛らしい「Plexi Drone」。これからも、様々な種類の空撮ドローンが誕生してきそうですね。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する