1. 国連組織「UNウィメン」来年東京進出!アベノミクス3本の矢「女性の活躍」促進の追い風となるか?

国連組織「UNウィメン」来年東京進出!アベノミクス3本の矢「女性の活躍」促進の追い風となるか?

by alex hanoko
 映画「ハリーポッター」シリーズの中で、ハーマイオニー・グレンジャー役を演じたことでお馴染みのエマ・ワトソンさんをご存知の方は多いと思います。2014年7月、彼女は、国連機関「UNウィメン」の親善大使に任命されました。

「この役目を与えられ、なにかを変えるチャンスを与えられたことを光栄に思っています。女性の権利の問題は、私がどんな人間であるかということと密接に関連しています。それは深い部分で個人的な問題であり、私の生活に根を下ろしています。だから、これ以上にエキサイティングなチャンスは想像できません。私にはまだ学ばなければならないことがたくさんあります。しかし、進んでいくうちに、自分の知識や経験、そして認識をこの役割で活かすことができればと思います」という声明をエマが発表した。(BBC)

出典: エマ・ワトソンが国連機関UNウィメンの親善大使に! | ニュースウォーカー

 彼女は上記声明の中で、女性の権利の問題に積極的に関わっていくことを表明しています。このように世界中で女性の権利の問題に関心が高まる中、安倍首相は2015年4月を目途に、国連組織「UNウィメン」の東京事務所を開設することを明らかにしました。

「UNウィメン」とアベノミクス3本目の矢「女性の活躍」

 「UNウィメン」とは、女性のための国連機関で、世界中の女性の権利の向上を推進し、男性と女性が平等に社会で活躍できるよう、女性を取り巻く様々な弊害の除去に取り組んでいる組織のことです。本部はアメリカ・ニューヨークにあり、現在はムランボ・ヌクカ氏(写真下)が事務総長を務めています。
by DFID - UK Department for International Development
 一方で日本側でも、女性が活躍できる環境を整えようとしています。その最たる例として、安倍首相は、アベノミクスの3本目の矢の成長戦略の中核である「女性の活躍」を掲げました。下記引用にもある通り、「女性の活躍」の具体的な中身としては「保育所の待機児童ゼロ」、「3年間の育児休業」、「役員の一人は女性に」があります。

安倍首相が4月19日に経済団体に対し、また、日本記者クラブの講演で提唱した女性の活躍のための具体策は「保育所の待機児童ゼロ」「3年間の育児休業」「役員の一人は女性に」の3本の対策である。

出典: アベノミクスの要、「女性の活躍」を実現するために | nippon.com
 また安倍首相は、2014年9月13日に開かれた『女性が輝き、活躍する社会の実現に向けて議論する国際会議』のスピーチでは「21世紀こそ、女性に対する人権の侵害のない世界にしていく」、「わが国は、女性の皆さんの挑戦を引き続き、世界のあちこちで応援していきたい」と述べました。

 このように、安倍首相は女性の権利の向上に対して積極的な姿勢を見せていますが、「UNウィメン」からの評価はいかがなものなのでしょうか?ムランボ・ヌクカ氏は「安倍政権が掲げる女性の活躍推進は評価する」と述べていて、このことから安倍首相の政策はある一定の評価を得られていると考えられます。しかし、一方で同氏はクオータ制(男女平等を実現するために、議員・閣僚などの一定数を女性に割り当てる制度)や数値目標の必要性も指摘し、まだまだ改善すべき点は数多くあることを示唆しました。

 実際、「保育所の待機児童ゼロ」、「3年間の育児休業」、「役員の一人は女性に」のどれ一つも達成されていないのが現状です。まだまだ改善点は数多くありますが、今後も引き続き「女性の活躍」を促進していくためには、安倍首相の積極的な姿勢が求められていると言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する