1. 今の仕事にやりがい感じてますか?仕事にやりがいを求める人が知っておくべき、お金とやりがいの関係

今の仕事にやりがい感じてますか?仕事にやりがいを求める人が知っておくべき、お金とやりがいの関係

  • 11031views
  • 0fav

 

 仕事をしていく上で大切な「やりがい」。しかし、やりがいのある仕事であっても給与が低ければ考えものですよね。やりがいの面でも給与の面でも満足できる仕事があれば、理想の仕事と言って良いでしょう。しかし、そんな仕事は存在するのでしょうか?

1.一言で「やりがい」とは言っても...

 やりがいと一言で言っても、それが意味するところは人それぞれ異なります。まずは自分がやりがいを感じられる仕事がどういったものなのか、という点をしっかり把握する必要があるでしょう。

 一般的にやりがいのある仕事とは「自己実現を果たすことの出来る仕事」といった意味を含んで使われます。少し小難しいような気もしますが、要するに、あなたはどうしていたいですか?どうなることが出来たら幸せですか?ということを仕事に関連させて考えたときに、どういう仕事がでてきますか?ということなのです。そこで出てくるものが、あなたにとって「やりがいのある仕事」ではないでしょうか。

2.お金とやりがいの両立は可能なのか

 金銭面でもやりがいの面でも、100%納得出来る仕事にめぐり逢えたら、それはとても幸せなことです。そして、給与は自分の努力次第な部分があるのに対して、やりがいはその限りではないと思われがちです。しかし、本当にそうなのでしょうか?
 
 給与というものは具体的な数字で表されるものであるのに対して、やりがいに具体的な測定方法はありません。つまり、やりがいを見出すか否かはあなた次第なのです。

 やりがいがある・ない
ではなく
 やりがいを持たせる・持たせない

ということです。給与と異なり、やりがいには客観的な基準も、数値化できる指針もないという点を意識しなくてはなりません。
 そして、やりがいを見出すことができれば結果は後から付いてきます。そうすれば、やりがいをもって働きながら給与の面でも納得のいく形になっていくはずです。


 高収入を得るための努力は、やりがいを持つためのそれに比べれば、まだわかりやすいものです。しかし、やりがいは求めたくても、どうすればいいかわからない、そもそも、何が自分にとってやりがいのある仕事なのか分からない、という人が多いようです。やりがいとは自分で見出していくものであり、そういった意識をもって働くことが大切なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する