1. 周りの意見を上手く使う! 人事採用担当者が抱える悩みを解決するための方法 

周りの意見を上手く使う! 人事採用担当者が抱える悩みを解決するための方法 

by Bromford
 会社の社風や、人材の登用を決める人事担当者。採用に関しては、特に悩みが生じてしまう場合もあるでしょう。悩みを抱えることのないよう、周りとうまく連携を取って、仕事を進めていきましょう。ここでは、人材採用担当者が抱える悩みと解決法を紹介します。

新卒で入ってきた人が辞めてしまう

 面接を通して、就職を希望している人の人格や能力、資質をきちんと見極めて採用したつもりでも、辞めてしまう人が出てくることが、人事採用担当者の悩みの一つでしょう。もしかするとそれは、現場が望んでいる人材を考えられていないせいかもしれません。日ごろから現場と連携し合い、現場がどのような目標を持って働いているのかを明確にしておくことが大切です。

中途採用者が社内で起こしてしまうトラブル

 中途雇用の場合は、面接での受け答えがしっかりとしていて、会社にふさわしい人材だと思って採用しても、すんなり新しい会社になじめるかはなかなかわかりません。メンタルの不調や会社の人間関係での軋轢など、様々なトラブルを抱え込みがちな中途採用者に関しては、悩みの相談相手としての役割を果たすことで、そういった悩みを未然に防ぐことができるのではないでしょうか。

周りの期待と人事にかける情熱とのギャップ

 人事採用というと、以前は窓際族というイメージもあり、上司によっては期待をあまりかけてくれないこともあります。やりがいがあり、人事権を持つ仕事に情熱がある人は、このギャップを悩みにするかもしれません。人事採用担当者は、採用担当者だけのコミュニティを持つことが多いです。悩みを仲間に相談してみると、解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。



 ここでは、人事採用担当者が抱える悩みと、それに対する解決法を紹介しました。悩みを抱えてしまう前に、対策をすることや相談をすることが重要です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する