1. 広がる遺伝子解析ビジネス 老後の健康管理が20代から可能な時代に…?

広がる遺伝子解析ビジネス 老後の健康管理が20代から可能な時代に…?

  • 2722views
  • 0fav

 様々な科学技術が進展する現在、遺伝子分野でも大きな変化が見られるようになってきました。遺伝子を解析するだけで色々な自分の将来が分かってしまうのです。さらに、その遺伝子解析サービスを商業化し、ビジネスにしようという試みが日本でも拡大しています。

個人から遺伝子や健康状態の情報提供を受け、健康に関して助言するビジネスが始まっている。さらに、こうした情報を匿名化したうえで大量に集めて分析し、研究に役立てることも、企業の視野に入っている。究極のプライバシーとも言える情報の活用が進んでいる。

出典: 遺伝子解析ビジネス:究極のプライバシー 商業化が拡大 - 毎日新聞
 最も一般的な遺伝子解析ビジネスは、個人が採取した唾液や頬の遺伝子を自宅に郵送された専用のキットに入れ、企業側に送り返すという形式。その後、将来かかりやすい病気や脱毛の有無等が明かになります。それらの個人がそのデータを基に、健康管理を行なうことで将来の病気に向け対策が出来るというもので、約7千〜5万円程度で行なうことが可能です。

 遺伝子解析ビジネスは、サービスを受ける側だけでなく、行なう企業側にもメリットがあります。企業は採取した個人の遺伝子データを集め匿名化し、今後の医療等の事業に役立てたり、そのデータを利用することが可能です。自分たちのデータが最終的には様々な人を救う日がくるかもしれません。

『d』プロジェクトでは、遺伝子を調べることで、『あなたに最適な』スタジオレッスン、レストランメニュー、スープ・お弁当・サプリメントなどの『食』をご提案しています。

出典: 遺伝子プラン |遺伝子解析ダイエット d_studio
 遺伝子を利用したビジネスは、体調管理だけにとどまりません。それぞれの遺伝子から太りやすい食べものや体質を割り出し、効果的に痩せようというダイエットプログラムが登場しています。

 日本では、DeNAやヤフー等のIT企業が遺伝子解析ビジネスに参入しています。遺伝子とインターネットにはどのような関係があるのでしょうか。

遺伝子は、いったんデータ化されれば、「データの保管や解析はIT企業の得意とするところなので、ゲノム解析サービスはきわめて親和性が高い」(Yahoo!ヘルスケアサービスマネージャーの阿南愛氏)。

出典: DeNAも参入!遺伝子ビジネスで狙う38兆円市場【1】:PRESIDENT ...
 一見関係のなさそうに見える遺伝子とIT企業ですが、IT企業はデータの保管や解析は得意分野であるために遺伝子解析ビジネスに参入したと言われています。


 今後、かなりの飛躍が期待され、38兆円市場と言われる遺伝子解析ビジネス。多くの企業が参入し競争が進むようになれば、さらに精度が上がり用途も多様になるだろうと予想されています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する