1. 「文章力がない」と嘆く前に…。文章力を少しでも向上するテクニック

「文章力がない」と嘆く前に…。文章力を少しでも向上するテクニック

by smoorenburg
 メール文や挨拶状、レポートなどビジネスでは文章を書く場面が多くあります。しかしながら、相手に伝わる文書を上手に書けている人は限られているのではないでしょうか。「文章力がある人」と「文章力がない人」の違いとは何でしょうか?ここでは文章力がない人が最低限身に付けるべき文章のテクニックをお伝えします。

結論を先に書く

 まずは、「何を相手に伝えたいか」を最初に書くようにしましょう。文章力がない人は、ダラダラと経緯を先に伝えて結論を最後にしてしまう傾向があります。文章を読む人が、「何のために文章を読むべきなのか」を最初に理解してくれればスムーズに本題に入ることができるでしょう。

結論の後には簡単な理由を書く

 結論を書いた後、明確な理由があると具体的に内容を伝えやすくなります。文章力がない人は、なぜこの文章を読んで欲しいかを伝えていない場合があります。そうすると、相手から的外れな答えが返ってきて二度手間、三度手間になってしまうこともあります。結論を補助する役割ですが、とても重要ですので必ず記載しましょう。

「てをには」などの適切な接続詞を使う

 接続詞を適切に使うと、前文を受けて次の文章では何を伝えるのかを明確にし、読み手にスムーズに理解してもうことが出来ます。適切な接続詞がないと文と文の関係が分かりづらくなります。どの接続詞がどういうシチュエーションで使われるのか覚えておき、適切なタイミングで用いるようにしましょう。



 ここでは、文章力がない人が最低限身につけておきたいテクニックを紹介しました。「てをには」などを意識し、理由から書き始めるだけでも文章力は大幅に改善します。しっかりと意識を持って文章力の改善に取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する