1. 新卒就活生が知っておくべき内定辞退の理由は「簡潔にはっきりと」

新卒就活生が知っておくべき内定辞退の理由は「簡潔にはっきりと」

by flazingo_photos
 就職活動では複数の会社にエントリーし、数社から内定をもらう場合もあるでしょう。複数の内定を得た場合、会社を1社だけ選ばなければならず、他の会社は辞退しなければなりません。その際、相手の会社に失礼でないように、相手が納得する理由を考える必要があります。ここでは、新卒就活生が内定を辞退するときの理由の述べ方について考えてみましょう。

素直に簡潔に伝える

 内定辞退の理由を話す時は、正直に他社に決めたことを伝えます。ウソをつこうとすると不自然になりますのでやめましょう。「今回は辞退させていただきます。申し訳ございません。」と丁重に謝ります。正直な理由と、謝罪の意思を伝えることが内定辞退では重要なのです。

内定辞退の詳しい理由は聞かれない限り言わない

 辞退した際に、人事担当者が理由を詳しく聞いてくることがあるかもしれません。このとき、理由をはっきりと話してしまうと、かえって相手の印象を悪くしてしまう恐れがあるので避けましょう。特に、決めた就職先がその会社のライバル企業である場合などは、わだかまりが残ってしまいます。内定を辞退する理由は簡潔に話すことが鉄則です。人事担当者によっては、あっさり承諾してくれる場合もありますので、深く考えないようにしましょう。

他社の内定以外の理由で内定を辞退する場合は?

 他社に内定が決まったわけではなく、健康上の理由や家庭の事情で内定辞退をしなければならないこともまれにありますよね。この場合は、入社意思がないと伝えることが一番大切なことですので、長々と事情について話す必要はありません。余計なことは言わず、「体調不良のため、辞退させていただきます。申し訳ございません。」と短く理由を伝えるようにしましょう。



 いかがでしたでしょうか?内定を辞退する場合は、理由を簡潔に伝えることが重要です。怖いから、何をされるかわからないから、といってウソをついてしまうとかえってトラブルになることもありますので、誠意ある合同を取りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する