1. ビジネスマナーを守った誠意ある対応を! 内定を辞退するための方法 

ビジネスマナーを守った誠意ある対応を! 内定を辞退するための方法 

by uka0310
 就職活動をしていると、内定を辞退しなければならない場合も出てくるでしょう。その時は、しっかりと誠意を持って辞退の旨を企業に伝えなければなりません。ここでは、新卒の就活生に向け、内定を頂いた企業に対しての内定辞退の方法を紹介します。

内定辞退はなるべく早めに

 内定辞退を企業に通知する時期ですが、法律上では期限として雇用開始、つまり内定が正式に決まる2週間前までが猶予であるとされています。しかし、企業側は新入社員の採用に時間もコストもかけており、予定が狂うことにもなりますから、辞退を通知するなら、出来るだけ早くが鉄則です。

結論と理由を述べ、正直に自体の旨を話す

 内定を辞退する方法は、面談や電話、手紙、メールなどがあります。情報の重要度が高いほど直接伝えることが望ましいので、丁寧さから言えば面談が最も丁寧だといえます。しかし、担当者の忙しさによってもふさわしい対応は変わりますので、どんな方法を使うにしても担当者に連絡を入れるようにしましょう。

 内定辞退の伝え方ですが、まず「結論」を話し、次に「理由」を話します。理由をきっちりと話し、内定辞退の旨を正直に話すことが、最も相手に誠意が伝わる方法だと言えるでしょう。

やってはいけない辞退の方法

 内定を辞退したい場合、連絡を入れないで放ったらかしにしてしまうのは企業側にとって迷惑な行為です。誠実な行動を取らずに内定を辞退してしまうと、当然その企業からは信頼を得ることは難しくなります。もし、就職後にビジネスのやり取りをしなくてはならないような事が起きると、自分の勤める会社に大きな悪影響を与えてしまう可能性もあります。



 ここでは、新卒の就活生に向けて、内定辞退の方法を紹介しました。内定を辞退したからといって、企業との関わりが完全に切れてしまうわけではありません。内定辞退をするときは、誠実な対応を心がけることが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する