1. 統率力を発揮し、チームをまとめる! チームで仕事をする中でのリーダーシップの取り方

統率力を発揮し、チームをまとめる! チームで仕事をする中でのリーダーシップの取り方

by skuds
 チームを率いて業務を遂行していくためには、そのチームをひとつにまとめるための統率力が必要となります。リーダーシップを発揮して、チームをまとめていくことで、個人で仕事をするよりも高いパフォーマンスが発揮されるのです。それでは、どのような方法を用いて統率力を発揮し、リーダーシップをとればよいのでしょうか。

ゴールを明確に示す

 業務に携わるメンバーは目の前の課題に悩んだり、本来の目的や立ち位置を見失ってしまうことがあります。そんなとき必要なのは、メンバーの価値観をすり合わせることです。共通する目的やゴールを改めて明確にすることにより、何をすべきなのかを改めて意識させましょう。

小さな達成感を与える

 チームで業務に取り組む上では、先の見えない状態が続くこともあります。そのような状態が続いてしまうと、業務効率も下がってしまいます。そこで適時、達成感を味わえる仕組みを作ることがリーダーには求められます。小さな達成感を与える仕組みを作るということは、リーダーシップの観点から見て非常に大切。メンバーの団結力を高め、さらに業務に取り組む活力を与えられるように行動しましょう。

メンバー1人1人に気遣いを示す

 チームのメンバーは、それぞれ必要とされて業務に取り組んでいます。自分が必要とされている実感が得ることで大きな責任感を持つことになり、その結果、リーダーの指示に応えようとするのです。統率力を発揮するためには、メンバー1人1人にきちんと目を向けなければなりません。仕事の進み具合はどうなのか、何か問題や課題を抱えているようなことは無いかを把握することが非常に大切なのです。



 ここでは、リーダーシップを取り、統率力を発揮するための方法を紹介しました。リーダーシップや統率力を発揮するためには、メンバーそれぞれに常に気を配り、彼らのモチベーションを維持できるような仕組みを考えることが必要だと言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する