1. 広告やPRだけが広報の仕事ではない! 意外と知らない広報の仕事内容

広告やPRだけが広報の仕事ではない! 意外と知らない広報の仕事内容

by minoru karamatsu(柄松 稔)
 広報の仕事とはどのようなものなのでしょうか。仕事の目的としては、企業の活動内容や商品、サービスなどを一般に周知することが挙げられます、企業価値を高めるということも広報職のビジネスマンは行っています。ここでは、実際に広報にはどのような仕事があるのかを見て行きます。

社内向けに広報活動を行う

 まず挙げられるのが、社内向けの広報活動です。一般に広報の仕事というと、社外での活動を想像しがちですが、実は社内向けの業務もあるのです。社内向け広報は、自社商品の情報を社内全員に周知させることを目的として、様々な活動を行います。社内報などの発行も活動の一つです。

社外向けに広報を行う

 一般的な広報の仕事として知られるのが社外での仕事です。メディアからの取材の調整やプレスリリースの作成など、社外向けに発表を行う場合は、ほぼ全て広報がその活動を行います。華やかな仕事のように思えますが、問い合わせの対応や広告主に向けての資料作成など、地道な仕事も多いです。

情報収集を行う

 発信するだけでなく、情報収集を行うことも広報の仕事です。業界全体の動向や自社に関連する情報をインターネットなどを駆使して集め、会議の資料として配布する仕事も広報職のビジネスマンは行っています。


 ここでは、広報のビジネスマンの仕事を紹介しました。広報と一口に言っても、様々な仕事をしていることがわかります。広報の仕事を良く知ることで、ビジネスでの円滑な連携ができるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する