1. あなたに当てはまる資質はいくつありますか?一流の経営者には○○な人が多い

あなたに当てはまる資質はいくつありますか?一流の経営者には○○な人が多い

  • 5647views
  • 2fav


 
 一流の経営者と聞いて皆さんはどんな人物像を思い描きますか??人格者だったり、あるいは傲慢なイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、その実、彼らにどういった資質を持った人が多いのか、言い方を変えると、どういった資質を持った人が一流の経営者になりやすいのかは、あまり知られていません。今日はその点にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

1.前向きである

 成功する経営者には前向きな人が多いです。例えば、パナソニックを一代にして築きあげた松下幸之助の言葉に次のようなものがあります。

どんなに悔いても過去は変わらない。
どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。
いま、現在に最善を尽くすことである。

出典:松下幸之助 名言 - どんなに悔いても過去は変わらない。 どれほど心配 ...
 前向きであること、すなわち諦めないということは経営者の資質として大切なことなのでしょう。あるいは諦めなかったからこそ、経営者として成功を収めることができたのかもしれません。いずれにせよ、そういった資質は経営者として大きな強みになるはずです。

2.謙虚である

 他者の長所を認めることができる謙虚な姿勢というものは、経営者にとって必須の資質となります。

自己犠牲をいとわない人間性でなければ、
経営者になってはいけない

出典:稲盛和夫 名言 - 自己犠牲をいとわない人間性でなければ、 経営者になっ ...

 これは京セラ、KDDIの創業者であり日本航空の再建を成功させた稲盛和夫の言葉です。経営者というものは組織の代表。代表として組織の中で最も大きな犠牲を払う覚悟、驕らずに謙虚である姿勢が求められるのです。

3.勇気と行動力を持っている

 経営者に名乗りを上げることはとても勇気が必要なことです。経営者という立場には様々な責任やリスクが付きまといます。成功する経営者というものは、まだ人が足を踏み入れていなかった領域に足を踏み入れることが必要となってくるので、なおのことです。

 また、批判を恐れないことも大切です。ほんの一例ではありますが、アップル社の共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズも前述の稲盛和夫も、大規模なリストラを行った経験があります。これには様々な意見があるかもしれませんが、経営のことを第一に考えるからこそであり、批判を恐れることなく一流の経営者は経営のために動くことが出来るのかもしれません。

4.特定の物事へ強いこだわりを持つ

 こだわりとはすなわち、その対象に対して信念を持っていることを意味します。スティーブ・ジョブズは「iPod」という名称を決定する前、二度に渡って不採用としていますが、その理由は発案者に信念が感じられなかった、というものでした。名称一つとっても信念を求める姿勢は、その他の経営に対しても現れていたであろうことは想像に難くありません。

 また、自社のサービスに対しても同様のことを言うことができます。自社が行うサービスに対して信念を持っている、というのは経営者として成功するために必須の条件です。信念のない会社のサービスでは誰も満足してくれません。

5.義を大切にする

 利を追うばかりで義を捨ててしまうようでは、人はついてきません。ソフトバンクグループの創業者である孫正義は

東日本大震災の時に考えさせられた。我々の電波があと10メートル、20メートルでも届いていたら、1人でも多くの命を救えたかもしれない。その反省から3兆円ほどのお金をかけて一気に通信網を整備した。お金がかかるとかは問題ではなく、義を取る必要もある

出典:http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXNASFK0403Z_U4A400C1000000&uah=DF021120102739
と述べています。経営をする上で利を追うことは当然重要なのですが、それだけでは駄目だということです。また、こういった姿勢は人間関係にも影響を及ぼします。義を大切にして人と接することは、上述の謙虚であることと共に大切なことなのです。


 いかがでしたか?ほんの一例しかご紹介出来ていないかもしれませんが、一流の経営者にどういった人が多いのか、という点を見ていただけたかと思います。見習うべきところは見習っていきたいものですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する