1. ついにテレビがネット配信へ、見逃した番組はインターネットで見る時代!?

ついにテレビがネット配信へ、見逃した番組はインターネットで見る時代!?

  • 12664views
  • 0fav

 見たいテレビをうっかり録画し忘れてしまったり、見逃してしまったことはありませんか。「いつでもどこでも見逃した番組をネットで見ることが出来れば…」と思ったことのある人は多いはず。そんな人たちが待ち望んでいた、テレビのネット配信時代が訪れるかもしれません。

 民間放送連盟の井上弘会長(TBS会長)は18日の定例会見で、在京キー5局が共同で、インターネットでの「見逃し番組」の無料配信サービスを提供することで合意したと発表した。今後、具体的な番組や配信期間などの詳細を詰めて「来年度には試行したい」と述べた。

出典:見逃し番組:在京キー5局、ネットで無料配信サービス提供 - 毎日新聞
 TBSの会長が、現在の日本民間放送の主要5局がネットでの番組配信を行なうことを合意したとの発表がありました。具体的な詳細はまだ決まっていないものの、来年度には試行したいとの前向きな意志が表れています。

視聴は無料で、CM付きで放送する。井上会長は「タイムシフト視聴などメディアを取り巻く環境は変化している。ネットでも、CMを飛ばさない、新しい形の商売の仕方がありえると思うし、違法動画対策にもなる」と説明した。

出典:民放5局、ネットで「見逃し視聴」無料実施へ - MSN産経ニュース
 現段階では、無料で視聴が行われる予定。CMを飛ばすことの出来ない仕組みを作り、広告収入を得て無料配信を実現する方針です。

 現在のテレビ業界は、インターネットの進出により脅かされつつあり、多くの動画がYoutube等の動画サイトに違法に投稿される被害も多数確認されています。そのため、テレビのネット配信の発表には多くの期待の声が寄せられているのです。

 テレビの違法動画問題について現在の法律では、違法にアップロードされたものをダウンロードした場合、罪に問われることになります。見逃した番組をネットで視聴することは、視聴者にも多くの危険性が存在するのです。

 今回発表されたテレビのネット配信が実現されれば、テレビ業界の生き残りだけでなく、見逃した番組を安心して視聴できる時代の到来が期待できます。

 構想が実現すれば、スマートフォンなどで「いつでもどこでも」テレビ番組を見られるようになる可能性がある。ただ、実現には課題も多い。経営難にある地方の系列テレビ局から理解を得た上で、出演者らから著作権上の許諾を得る必要がある。

出典:過去番組を無料でネット配信 在京民放5社、検討開始:朝日新聞デジタル
 しかし、テレビネット配信には未だに課題が存在も。例えば、主要局ではない経営難のテレビ局や著作権問題。広告収入だけで無料配信が可能か、また、出演者の著作権承諾は可能か、答えはまだ出ていません。

 現時点での対策としては、広告収入だけでは経営が困難である場合、放送とネットが同時に視聴出来る同時再配信システムや、放送よりも先にネットに番組を配信するシステムを課金制にするという内容が検討されています。


 課題は未だ存在するものの、新たな方向に動き出したテレビ業界。国民のテレビ離れが進む中で、いかにニーズのあるサービスを提供出来るかが、今後のテレビ業界を左右すると言っても過言ではないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する