1. 会社を移る決断は慎重に! ヘッドハンティングのオファー、考えるべき3つのこと

会社を移る決断は慎重に! ヘッドハンティングのオファー、考えるべき3つのこと

by Tulane Public Relations
 内外から仕事を評価されている場合、ヘッドハンティングという形で外部の企業からオファーがある場合があります。もし、そのよな状況になったらどのような判断基準で行動を起こせばいいのでしょうか?ここでは、ヘッドハンティングされたときに考えるべきことを紹介します。

給料や待遇などの好条件な提示に惑わされない

 多くの場合、ヘッドハンティングでは、かなり高額な契約金を得ることができ、給料も大幅に増額されて提示されるでしょう。しかし、好条件に目を取られていると判断を誤ってしまいます。ヘッドハンティングで会社を移るということは、会社で得たノウハウを捨てるということ。冷静な判断をするために、一度条件面のことは考えずに判断してみることが必要でしょう。

業界や相手の会社の将来性を判断する

 条件面を除くと、見えてくるのは業界全体の動向や会社の将来性です。これらを総合的に比較し、自分が会社とうまくマッチングするのか、そして、会社として自分が働く上で将来的に良いのはどちらの会社であるのかを判断しましょう。

転職後の働きぶりを想像してみる

 転職後のあなたは期待されています。そのため今まで以上に仕事の重圧を感じてしまうこともあるでしょう。現状の働き方が自分に合っているのか、それとも、業界や職種を変えることが自分の身のためなのか、良く考えるべきです。また、家庭がある場合、家族がどのような気持ちでいるのかもよく知った上で行動しましょう。




 ヘッドハンティングは、キャリアプランを大きく変えるものになります。もし自身がその状況に立たされたらと考え、常にキャリアプランの可能性を広げているビジネスマンが成功するのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する