1. 職場にいる「挨拶をしない人」、どうする?困ったときのコミュニケーションの取り方

職場にいる「挨拶をしない人」、どうする?困ったときのコミュニケーションの取り方

by uscpublicdiplomacy
 職場で挨拶をするのは当たり前のビジネスマナーの一つですが、中には挨拶をしないという人もいます。挨拶をしない人は、ビジネスマンとしての基本的なマナーを欠いていますが、だからといってコミュニケーションを取らないわけにはいきません。では、職場で挨拶をしない人に対してコミュニケーションを取るためには、どうしたらよいでしょうか。

仕事の伝達事項はメールで伝える

 職場で挨拶をしない人というのは、職場では仕事の部分だけしっかりと取り組み、あとはできるだけ関わらないようにしたいという意志を持っているかもしれません。挨拶をしない人とコミュニケーションを取る場合、必要な伝達事項はメールで相手に伝えるという方法が有効です。余計な話は、双方のメンタルを消耗する原因になります。仕事の情報を的確に伝えるようにしましょう。

声をかける時にはどの仕事の件か先に言う

 職場で挨拶をしない人というのは、仕事以外の話を職場ではしたくないかもしれません。公私混同を嫌っているのかもしれないでしょう。公私混同を避けたい人と仕事の話をする時には、どの仕事の件で話をしたいのかという事を最初に伝えるようにしましょう。そうする事で、相手は話しかけられた時にすぐに仕事の内容だという事が分かり、話を聞く体制をとってくれる事でしょう。

簡潔に話をまとめて伝えるようにする

 職場で挨拶をしない人に対してコミュニケーションをとる場合は、感じよく接し話す内容を簡潔にまとめるという事が大切です。挨拶をしない人にはどうしても、自分と相容れない人だと思うため、なかなか仕事の対応もうまくいかないかもしれません。中身を簡潔に伝えることが、挨拶をしない人にとっても有益ですし、自分のコミュニケーション能力に自信がない人は特に意識すべきでしょう。



 ここでは、職場で挨拶をしない人とコミュニケーションをとるという方法についてお伝えしました。挨拶をしない人とのコミュニケーションでは、しっかりと内容をまとめ、仕事以外のことをあまり詮索しない方がいいのかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する