1. 「ラップ口座」を知っていますか?口座急増で総残高2兆円突破見込みのワケとは

「ラップ口座」を知っていますか?口座急増で総残高2兆円突破見込みのワケとは

  • 2970views
  • 0fav

証券会社や信託銀行などが個人顧客の資産を一括運用・管理する「ラップ口座」の国内残高が、近く2兆円を突破する見通しとなった。2004年4月の解禁から9年を経た13年8月に1兆円を突破し、それからわずか1年で倍増となる。

出典:時事ドットコム:ラップ口座、1年で倍増=脱デフレにらむ-2兆円突破へ
 日本におけるラップ口座の残高が近々2兆円を超える見通しとなりました。ここ1年でラップ口座残高は倍増してあり、その勢いは止まることを知りません。

 そもそもラップ口座とは、証券会社や銀行に個人が資産の運用をお任せするサービスのこと。依頼された金融機関は個人の資産を株式や債券、不動産などに運用してくれます。

 ラップ口座は以前からもありましたが、どうしてここ最近になって急増しているのでしょうか。

預貯金の相対的な価値が目減りするインフレ期待を背景に、個人投資家からの需要が高まっている。
 ラップ口座は、2004年の制度改正で運用報告義務が簡素化されたことなどで増え始めた。昨年の株高や今年始まった少額投資非課税制度(NISA)などが後押しする「貯蓄から投資へ」の受け皿となるサービスとしても注目されている。

出典:ラップ口座、激しさ増す競争 野村、SMBC日興証券など「2強」追い上げ ...
 実は、ラップ口座が増えたのにはアベノミクスが影響しています。安倍総理が目指すデフレ脱却が実現してインフレとなり物価が上がれば、預貯金の価値は下がってしまうので、自身の預貯金の価値を守る為にラップ口座を利用する人が増えたのです。

 また、ラップ口座の敷居が低くなったことも人気を後押ししました。以前はラップ口座の運用は、最低でも数千万円必要でしたが、今では300万円程度からサービスを利用できるようになっています。

トップの大和が6260億円、2位の三井住友信託が4460億円だが、野村も3月末から約4割増の3308億円と追い上げている。野村の立山浩二投資顧問事業部長は「現場の営業担当者が、顧客のニーズの変化をきめ細かくくみ上げている」と強調する。
4位のSMBC日興証券も昨年7月、最低投資額をそれまでの1千万円から300万円に引き下げるなど、顧客基盤の拡大に乗り出した。

出典:「ラップ口座」1年で契約総額が倍増 野村証券、SMBC日興証券も本腰 ...
 ラップ口座の最大手は、大和証券となっています。続いて三井住友信託、野村證券、SMBC日興証券の順です。

 どの金融機関も年率1.5%前後の手数料と信託報酬がかかります。負担として決して軽いものではありませんが、知識が無くても投資ができるということで人気を博しています。


 アメリカではすでにラップ口座は定着しており、日本においてもアベノミクスによるインフレに備えてまだまだ増加し、敷居がさらに低くなるでしょう。誰でも簡単に投資が出来る時代が到来しつつあります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する