1. 流石に早すぎない?海外で来春発売のApple Watch用充電スタンドの予約が開始されている模様

流石に早すぎない?海外で来春発売のApple Watch用充電スタンドの予約が開始されている模様

 先日のApple製品発表会で遂に公表された「iWatch」改め 「Apple Watch」。従来のスマートウォッチと違い、microUSBで接続する必要はなく、充電は裏蓋にマグネットをくっつけるという全く新しい方式で会場や配信を見ていた人たちを驚かせました。

 そんなApple Watchですが、まだ正式な発売日などは発表されておりません。ですが、そんなことは関係ないと言わんばかりに既にApple Watch用のプロダクトが予約生産されています。

 今回は、そんな 気が早過ぎるプロダクトである、Apple Watch専用充電スタンドを紹介したいと思います。

どんな会社が製作してる?

 この気が早い充電スタンドを予約開始したのは、 DODOcaseというアメリカの企業で、「滅びゆくものを守る」というコンセプトを元に、スマートフォンやタブレットなどのケース及び周辺機器を製作・販売している会社です。

プロダクトの特徴

 さて、肝心の充電スタンドですが仕組みは簡単で、充電用のマグネットケーブルを台座に取り付け、
 台座にApple Watchを置けば充電ができるというもの。
 また、台座にはカリフォルニアのクルミ樹の木材を使用しており、木の温もりを感じられるデザインとなっています。

 現在、 $5を支払うことで予約することができ、最終的に定価 $60〜$80になると公式ホームページで明言されています。

 定価が若干高く感じますが、毎回充電の度にケーブルを取り付けたりする手間を考えたら購入を考えてもいい…のかもしれません。最悪インテリアにしてしまえば問題ない?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する