1. 将来のイメージがあなたを成功に導く!“5年後の自分”を考えるための『5(ファイブ)』

将来のイメージがあなたを成功に導く!“5年後の自分”を考えるための『5(ファイブ)』

出典:www.pexels.com
 刻一刻と変化する現代のビジネス社会。不況ともいわれ先行きが不透明な中では、自分の将来像なんて描けない、などと思っている人もいるのではないでしょうか。将来のイメージが持てないのなら、まずは ”5年後の自分”について考えてみてはいかがでしょう?「5年」という期間がなぜ重要なのか、ということを 『5(ファイブ)』という本が教えてくれます。

成功者は皆「5年」で何かを成し遂げた

コロンブスはおよそ5年をかけて、バハマ、キューバ、イスパニューラ島、南北アメリカを発見し、まったく新しい世界を切り開いた。ミケランジェロは5年弱で、システィーナ礼拝堂の天井画を描き上げた。シェイクスピアは5年足らずで、『ハムレット』『オセロ』『リア王』『マクベス』、そして不朽の名作とされる5本の劇曲を完成させた。──H・ジャクソン・ブラウンJr.(作家)

出典: ダン・ゼドラ (2013) 『5(ファイブ)』

 過去に大きな成功を収めた偉人達の多くは、5年という歳月を費やし成果を挙げています。5年という期間はあっという間。目標も立てずにダラダラと過ごしていては、すぐに過ぎ去ってしまうことでしょう。 「時間が足りない」と言い訳してはいけません。あなたに与えられたその5年という時間は、過去の成功者が過ごしてきた時間と同じなのですから。

「5年」を有意義に過ごすために

人生の悲劇は、目標を達成できないことではない。悲劇とは、達成すべき目標がないことだ。夢なかばで死ぬことは不幸ではない。不幸とは、夢をみないことだ。理想を実現できないことは失敗ではない。失敗とは、実現すべき理想がないことだ。星に手が届かないことは恥ではない。恥とは、手を伸ばすべき星がないことだ。
──ベンジャミン・メイズ(教育者)

出典: ダン・ゼドラ (2013) 『5(ファイブ)』
 遠い未来についてのイメージはできなくても、 近い将来を見据える努力を怠ってはいけません。 将来の目標設定が、あなたの人生を大きく左右します。その重要性について、成功者達は口を酸っぱくして唱えていますよ。

 そして達成すべき目標ができたなら、その実現に向けて全力を尽くすのです。その際、”これぐらいできればいいや”と自分自身に「合格点」を与えるのではなく、 その道のトップを目指すぐらいの心構えを持ちましょう。過去の偉人達は、単なる「興味」からはじまったものを、「芸術」の域にまで高め、成功を収めてきました。5年という歳月を充実したものにしたければ、自ら立てた目標において、 周りを振り向かせるほど突出した成果を挙げる、という覚悟が必要です。



 常に見えない不安に覆われている現代社会、将来の自分像をイメージできない人もいることでしょう。しかし、それではただ時が過ぎていくだけ、何の成功も掴めぬまま人生が終わってしまいます。過去の成功者に倣い、まずは”5年後の自分”を考えるところからはじめてみましょう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する