1. 見せる動画から魅せる動画へ。気軽さと美しさを兼ね備えた動画編集アプリ「Videohance」

見せる動画から魅せる動画へ。気軽さと美しさを兼ね備えた動画編集アプリ「Videohance」

 スマホで撮影した動画、そのままの状態で満足していますか?何気なく撮り溜めていた動画、せっかくなら編集して人に見せられる動画にしたいですよね。

 実は、ただ 見せる動画ではなく、 魅せる動画が作れてしまう動画編集アプリがありました。それが、今回ご紹介する「 Videohance」。

 このアプリは、編集の気軽さと動画の美しさを兼ね備え、誰でも簡単に魅せる動画が作れる動画編集アプリです。では、詳しく見ていきましょう。

気軽にオシャレな動画が完成する編集機能

 このアプリは、編集作業が非常に簡単。撮った動画の加工したい部分を指定し、その範囲内を再生しながら リアルタイムに編集できるのがポイント。フィルターを掛けたいポイントなど、再生しながら直感的な編集が可能です。

 肝心の編集機能ですが、個性的なフィルターが揃っているほか、ホワイトバランス・コントラスト・パンニング・音楽挿入など動画編集に必要なツールは充分揃っています。シーン別で編集できるので、自作のショートムービーも作成できるクオリティ。

シーンで使い分けられる充実したフィルター

  soft burnというフィルターを使えば、木漏れ日が差し込んでいる様になり、さらにヴィンテージ風のカラーを重ねると、まるでロードムービーのワンシーンのよう。
  hypnotizeというフィルターを使えば、スマホを固定してダンスを撮影しただけの動画が、
 幾何学的な模様がランダムに入り、プロモーションビデオのような仕上がりに。そして、音楽も自由に挿入できるので、実際にプロモーションビデオを作りたい時に活躍しそうですね。

 今回、2つのフィルターを紹介しましたが、このようにビンテージフィルム風なフィルターから、モダンなフィルターまで豊富に揃っているので 動画のジャンルを選ばずに利用出来るのが素晴らしいですね。

 撮影した動画を「Videohance」で編集すれば、何気ない日常の動画も魅せる映像作品に仕上がるかもしれません。気になった方はぜひ試してみては? 


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する