1. 新卒3年以内離職率は約30%!どんな会社に入るかよりも大切なのは「自分がどう変わるか」ということ

新卒3年以内離職率は約30%!どんな会社に入るかよりも大切なのは「自分がどう変わるか」ということ

  • 10568views
  • 2fav

 現在、新卒3年以内に辞める人が約3人に1人と言われる程、社会的に新卒の離職率の高さが問題となっています。離職の理由に関しては個人や各会社によって異なりますが、圧倒的に多いのが「理想と現実のギャップ」。新卒者が入社前に抱いていた業務へのイメージや聞いていた業務内容と、実際の業務内容が異なるという理由が最も多いのです。

理想と現実のギャップが完全に埋まることはない

 結局、どんな会社に入ったとしても少なからず理想と現実のギャップは存在するもの。なぜなら、人間はやったことがあること以上の想像は出来ませんし、会社も入社してみてからでないとどんな会社であるかなんてわかりません。また、何度転職を繰り返しても自分の想像と完全に一致する仕事に就けたり、理想の職場に巡り合えるかどうかなどわからないのです。では、自分にあった会社に巡り合うためには私たちは何が出来るのでしょうか?

会社を知る前に”自分を知る”こと

 仕事を長く楽しく続けていきたいと考えているならば、「自分の性格に合った仕事」に就いた方が、環境に応じて自分の考え方を柔軟に変えていくことも出来るはずです。それなのに、自分の性格を良く知らないまま、なんとなくの世間的なイメージや給与などで会社を決めてしまっている人が多いのが現状です。自分の性格も会社のこともわからないで入社し、入社して初めて自分に向いていないということに気付いて離職する、という流れがが3年以内に離職する1つのパターンとして存在しています。

 もちろん、どんなに自分の性格に合った仕事に就けてもいつもいつも楽しく仕事が出来る訳ではありませんし、どんな仕事にも辛いことはあります。時には妥協することも必要です。しかし、少しでも自分の性格に合った仕事に就けた方が、乗り越えられる可能性は高まるはずです。他の点でやりがいを見出すことが出来るため、妥協することに対するハードルが下がるのです。

どんな企業に入るかよりも変化に応じて自分がどう変わるか

 入社した会社が自分に合わないと、”この会社がたまたま自分に合っていなかっただけだ”と考えてしまいがちですが、自分の性格を知らないまま転職してもまた同じことを繰り返すだけ。せっかく人生の多くを費やす仕事の時間。仕事の楽しさを知らずに、自分の性格に合わない仕事で苦しみ続けるのは非常にもったいないことです。
 
 わからない環境に対してあれこれと思索にふけったり、”会社が自分に合わない”と考えるよりも、まずは自分がどんな性格か把握することから始めるべきです。その上で、与えられた環境に対して自分がどう適応し、その中でどう成果を出していくかを考えていくことが大切です。


 自分の性格の情報は自分の中にしかありません。今の仕事が自分に合っているかどうかわからず悩んでいる人は、まずは自分を知ることから始めてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する