1. 1人で悩むより仲間との協力を! 良い企画案のアイデアを考えるための方法

1人で悩むより仲間との協力を! 良い企画案のアイデアを考えるための方法

by Nicholas_T
 企画職の人にとって、アイデアはコンペやプレゼンの出来を左右する大切なものです。新しい発想でアイデアを生み出し、企画を考えることが企画職の本業であり、もっとも重要な部分ではないでしょうか。ここでは、企画職の人がアイデアを出すためにすべきことを紹介します。

新しいものに対して、積極的に挑戦してみる

 新規の企画を立てるのであれば、あなた自身も新しいことを始めてみましょう。新しいものを積極的に取り入れ、挑戦してみることで、アイデアも豊富に出てくるようになります。また、企画としても流行を捉えているものができるようになるでしょう。

自分だけでなく、仲間にも考えてもらう

 更に、友達や家族、恋人などに、新規で企画を考えていることを伝えてみましょう。そうすることで、彼らの一言から何かアイデアが浮かんでくるかもしれませんし、形は無くても、斬新で素晴らしいアイデアをあなたに与えてくれるかもしれません。1人でアイデアを考えようとはせずに、周りの人の助言や、何気ない一言に注目して、企画のアイデアにつなげましょう。

仲間の企画案から新しいアイデアを見つける

 会社の同僚たちに今までの企画内容を聞いてみるのもいいでしょう。企画は、新しいものだけとは限りません。同僚が出した企画から着想を得て、新しい企画のアイデアが生まれるかもしれませんよ。



 ここでは、企画のアイデアを出すときに有効な手段を紹介しました。企画を生み出すというのはなかなか厳しい作業です。アイデアの糸口を掴むためにも、ここで紹介したような手法を使って取り組んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する