1. 新入社員がなかなか教えてもらえない、会社で失敗をしてしまったときの謝罪の仕方

新入社員がなかなか教えてもらえない、会社で失敗をしてしまったときの謝罪の仕方

by dreamsjung
 新入社員はミスをしてしまったとき、報告の仕方はすでにご存じでしょうか? ミスをしたときに伝え方がわからないと、上司に報告しづらいですよね。ここでは、もし会社でミスをしてしまったとき、どのように報告をすればいいのかを紹介します。

ミスをしてしまった理由を考える

 まず、ミスの原因をしっかり分析しましょう。ただ、「すいません」「ごめんなさい」と言うことは誰にでもできますが、ビジネスマンにはなぜ自分がミスをしてしまったか考えることが要求されます。後悔したり、むやみにしょげるのではなく、冷静にミスと向き合い、その原因を探るようにしてください。

ミスをしてしまったことを上司に報告する

 次に、自分がミスをしてしまったということを上司に報告しなくてはなりません。報告するときは、横柄な態度を取ることはもちろん、ミスを必要以上に深刻に受け止めるのも良くないので避けましょう。上司も部下がミスをしてしまうことは当然のことだと思っているはずです。びくびくしたり小さな声で話したりせずに、はっきりと報告するように心掛けましょう。

ミスについて改善案を報告する

 ミスをしてしまったとき、自分だけでその場の埋め合わせをしようとするのはあまりにも無謀ですが、改善案を自分なりに考えることはできます。改善案をしっかりと持って行くことも、ビジネスマンにとっては重要なことなのです。自分の案も述べつつ、上司の判断を仰ぐことで、ミスを挽回できるようにしましょう。



 ここでは、会社でミスをしてしまったときの謝罪の仕方を紹介しました。新入社員の方は、特に謝罪の仕方については、教えられないまま仕事に臨んでいる場合が多いです。ここで紹介したことを参考に、ビジネスマンとしての謝り方を身につけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する