1. 社会人の服装は「控えめ・きれいめ・中間」! 女性のオフィスカジュアルのマナー

社会人の服装は「控えめ・きれいめ・中間」! 女性のオフィスカジュアルのマナー

by nandadevieast
 毎朝会社に何を着ていこうか、女性なら誰でも悩みますよね。会社、職種によってはスーツでなくて私服出勤でOKという所も多いはず。でも、私服だからといって何でもいいというわけではありません。オフィスには色々な人が出入りしますし、自由な中にも社会人として最低限のマナーは求められます。ここでは、女性が気を付けたい社会人としての服装のマナーをまとめました。

1. 普段の服装より控えめのものに

 露出の多いものや派手なものは、オフィスの服装として適していません。キャミソールやミニスカートなどは、仕事に着て行くと社会人としての品位を疑われてしまうような場合もあるので注意しましょう。休日の服装よりも控えめな格好をすることが好ましいです。

2. きれいめな格好は印象が良い

 たとえ私服であっても、身だしなみを見られているということに注意しましょう。清潔感を保つという意味で、スカートやカットソーを着る場合は、シワや汚れが付いていないか確認し、綺麗な格好をしましょう。また、さわやかなパステル系のアイテムを着ると、落ち着いた印象になり、社会人の服装としても良い格好になります。

3. 困ったときは中間のアイテムを着る

 先ほどミニスカートはNGと書きましたが、ロングスカートだと、今度は作業の妨げになってしまい、効率を下げてしまうという意味で社会人の服装としては適していません。そこで、困ったときは膝丈ぐらいの中間ぐらいの丈のものを着ると、服装としては十分なものになるでしょう。


 ここでは、ビジネスカジュアルとしての社会人女性の服装のマナーを紹介しました。しっかりとマナーを守ることを忘れずに、社会人として恥ずかしくない格好を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する