1. 電池を変えるだけで家電がハイテクに!?スマホで家電の管理が可能になる「Tethercell」

電池を変えるだけで家電がハイテクに!?スマホで家電の管理が可能になる「Tethercell」

 家電を全てスマートフォンで管理できるようにする「スマートホーム」。実現したら非常に便利ですが、家全体をスマートホームに対応した家電に買い替えるのは大変ですね。

 しかし、海外にはそういった面倒な手間をかけることなく、家電の管理をすることができるガジェットがありました。そのガジェットは「Tethercell」。どんなガジェットか、見ていきましょう。

スマートフォンで家電の管理が可能になる「Tethercell」

 「Tethercell」は電池のソケットのようなガジェット。電池を入れるだけで、家電の管理をスマートフォンでも行えるようになります。使い方はとてもシンプルで、普段使用している単四電池を1つだけ「Tethercell」に入れて家電に挿入し、スマートフォンに専用のアプリをインストールするのみ。たったそれだけで家電をスマートフォンで管理出来るようになるのです。

 現在は、電力共有の問題などから単四電池のみしか対応していないそうですが、今後は様々な種類の電池にも対応していくそう。
 使う時は、まず家にある単四電池を「Tethercell」に入れ、単三電池の大きさに変えます。
 その「Tethercell」に入れた電池を家電の電池として活用すれば、
 スマートフォンで家電を管理できるようになります。

バッテリーが少なくなったことも知らせてくれる

 また「Tethercell」は電池残量が少なくなると、スマートフォンに通知をくれるため、使用途中で使えなくなった…という事態も起こりません。
 バッテリー状況を常に確認することも可能。こういった機能があるのは、非常に便利ですね。
 

 家電の管理をスマートフォンで行えるようにする「Tethercell」。現在、1つ$27で販売しています。「Tethercell」であれば、家電を買い替える必要なく、電池を取り替えるだけでスマートホーム対応の家電にすることが可能です。スマートホームを体感してみたい人は、「Tethercell」を購入してみると良いかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する