1. 家族や友人よりも上司に相談?最も心に響くアドバイスをくれたのは上司という人が多いらしい

家族や友人よりも上司に相談?最も心に響くアドバイスをくれたのは上司という人が多いらしい

  • 7305views
  • 0fav

 皆さんは今まで誰かに相談した中で、誰の言葉が1番心に残っているでしょうか?求人サイト「エン・ジャパン」の調査によると、相談後に得られたアドバイスで最も心に響いたのは、家族や友人からのアドバイスという回答を大きく上回り、最も多かったのは「上司からのアドバイス」という回答に。

豊富な人生経験を持ち、自分の頑張りをわかってくれている上司の存在

 上司からのアドバイスは仕事に関わるものだけでなく、人との接し方や気持ちの切り替え方など仕事からプライベートに至るまで様々なアドバイスを受けたと回答している人が多いよう。実際に、心に残っている上司からのアドバイスは以下のような回答が。

21歳 -他の人と比べて自分の接客スキルの低さに落ち込んでいた時-
『そうやって悩むことが、お客さまのことを真剣に考えているということだ。
 頑張っている姿をみんな知っているから、自信持ってやりなさい。』

出典:最も心に響いたアドバイスは、「上司」の一言。 ー 「[en]チャレンジ!はた ...
 自分よりも豊富な人生経験を元に発せられた上司の言葉は説得力があり、長く心に残っているよう。また、社会人になると一日の中でも仕事に費やす時間は最も多いです。そんな中で、仕事で行き詰まった時に真っ先に相談するのは自分の成長を1番傍で見てくれている上司という人が多いのでしょう。自分の頑張りをわかってくれた上でのアドバイスをくれるため、他の人の言葉以上に素直に受け入れられるのかもしれません。

相談後の行動まで繋げてこそアドバイスは役立つ

 仕事をしている中で数々の壁にぶち当たり、様々な人に相談することと思います。特に上司のような人生経験豊富な人への相談からは感銘を受けるアドバイスをもらえることも多く、相談しただけで頑張れそうな気がしてくるもの。相談することで次の行動への一歩を踏み出せれば良いのですが、相談しただけで満足してしまう人や”アドバイスの通りに実行すれば失敗しない”と思ってしまう人も多いです。

 相談相手からもらえる言葉は、その人の今までの経験を通して生まれてきたもの。行動が伴わなければ、せっかくの貴重なアドバイスも無駄になってしまいます。人に相談する事自体は決して悪いことではなく、自分よりも経験豊富な人に相談することは自分の視野を広げるチャンスでもあります。ただ、相談しっぱなしにするのではなく、相談したからには相手に還元できる結果を出す努力をする必要があるということです。


 相談から得られる他人のアドバイスは、少なからずその後の決断を左右する自分の人生に影響を及ぼすもの。決断の方向性を示してくれるのでついつい頼りたくなってしまいます。だからと言って、アドバイス通りにやれば上手くいくと他力本願になってしまうのは非常に危険です。相談後に行動するのは、他の誰でもなく”あなた自身”だということを忘れないようにすることが大切ですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する