1. 【例文】ビジネスマンの年賀状に書きたい、添え書きの一言の書き方

【例文】ビジネスマンの年賀状に書きたい、添え書きの一言の書き方

by y_uno
 年始、取引先や顧客に年賀状を出す場合、相手に何か一言気のきいた添え書きをすると、自分のためのメッセージが添えられていることで喜びますし、人間関係が円滑になるでしょう。

 しかし、「年賀状に添え書きしたいけれど、あと一言が思い浮かばない!」と悩むビジネスマンも多いはず。気がつけば毎年同じ添え書きで、「今年もよろしくお願いします。」とだけだったり、書く言葉が思いつかず余白がありすぎてしまったり、という経験はきっと誰にでもあるはずです。ここでは、相手に喜ばれるビジネスマンにふさわしい年賀状の添え書きの一言をご紹介します。

年賀状の添え書きには、感謝の一言を書く

 年賀状の賀詞の後に、旧年中の感謝を一言添えましょう。年賀状に日頃のお付き合いへの感謝を添え書きとして書くことで、相手との円滑なコミュニケーションをとることができます。さらに、ビジネス用の年賀状としてもふさわしい文面になります。目上の方や取引先への年賀状の添え書きには、特に失礼のないように敬語の使い方には注意しましょう。

年賀状の添え書き例文

「日頃の親身なご指導に深く感謝申し上げます。」
「 旧年中はいろいろお世話になり有り難うございました。本年もよろしくお願い申し上げます。」
「昨年中のご厚情に心より御礼申し上げます。」
「 昨年は親身なご指導をいただき、ありがとうございました。」
「 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。」
「旧年中は格別のご交誼を賜り、ありがとうございます。」

年賀状には、今年の目標を一言添え書きする

 取引や会社の上司、先輩へ出す年賀状では、ビジネスマンらしく仕事での今年の目標を添え書きとして書いてみましょう。形式的な年賀状の添え書きの文章の中に、一言でも昨年の感想や、今年の抱負などの添え書きをすると、ずっと人間味のある年賀状になります。

年賀状の添え書き例文

「これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります。」
「昨年の経験を生かし 今年はご期待に応えるべく精進する所存です。」
「今年は○○社の契約を取れるように努力いたします。」
「本年もご期待に添えるよう精進いたす所存です。」
「今年で入社○年。 明確な目標を持ち、積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております。」

年賀状の添え書きには、相手の健康・幸福等を祈る

 相手の健康・幸福・繁栄を祈る言葉は、年賀状本来の意味から考えると最も大切な言葉です。必ず年賀状の添え書きとして、一言書き添えるようにしましょう。

年賀状の添え書き例文

「ますますのご健康をお祈り申し上げます。」
「皆様のご多幸と繁栄をお祈り申し上げます。」
「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」
「ますますのご健康をお祈り申し上げます。」
「貴社ますますのご発展と社員皆様のご活躍を祈念いたします。」


 ビジネスとして出す年賀状は、取引先やお世話になっている上司や先輩との人間関係を円滑に保つために欠かすことのできないものです。文面で挨拶する機会はめったにありません。毎年、決まりきった添え書きの文面で年賀状を送るのではなく、日ごろの感謝や今年の目標など、読んだ相手の心に残るような礼儀正しい一言を添え書きして送りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する