1. 速やかにミスの訂正を! 社内に誤送信してしまったビジネスメールのお詫びの書き方

速やかにミスの訂正を! 社内に誤送信してしまったビジネスメールのお詫びの書き方

by melenita2012
 どんなに注意していても思わずやってしまう失敗が、ビジネスメールの誤送信です。一度送ってしまったメールは元に戻すことはできませんので、すぐに相手にお詫びの連絡をしましょう。送信ミスをしてしまった時は必ずお詫びのメールを送らなければなりません。ここでは、誤送信などの失敗をしてしまった時に送る社内へのお詫びのビジネスメールの書き方をご紹介します。

速やかにお詫びをする

 ビジネスメールの送信ミスをしてしまったら、間違えてメールを送ってしまったと気づいた時点で、すぐに相手にお詫びの連絡を入れましょう。社内の人に対しての誤送信の場合でも、迷惑をかけてしまうことに変わりはありませんから、丁寧に謝ることが大切です。

誤送信したメールの時間と件名を知らせる

 相手に、誤送信してしまったメールがどれなのかがすぐ分かるように、「送信日時」「件名」を明記して知らせます。社内文書ですから、相手が把握している場合、「差出人名」は書かずに相手に分かる場合は省略してもよいでしょう。具体的にどの用件のメールであるのかを示さないと、相手はどのメールかわかりません。しっかりとメールが特定できる内容で書きましょう。

誤送信したメールの削除をお願いする

 誤送信したビジネスメールが残っていると相手が混乱してしまうことがありますので、至急、削除してもらうようお願いします。自分のミスで相手に余計な仕事を増やしてしまったわけですから、「お手数ですが、削除してくださいますよう、お願いいたします。」などと書き、「お手数ですが」、「恐れ入りますが」などの言葉を添えるようにしましょう。


 ここでは、社内に誤ったビジネスメールを送ってしまった場合のお詫びのメールの書き方を紹介しました。社内であってもしっかりとミスを訂正し、混乱が起きないように努めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する