1. 優柔不断の原因は「失敗を恐れること」失敗を恐れず、正しい判断をスムーズに行う決断力の身につけ方

優柔不断の原因は「失敗を恐れること」失敗を恐れず、正しい判断をスムーズに行う決断力の身につけ方

by horsager
 仕事をしていると、決断力が必要とされる場面に遭遇することでしょう。しかし、そのような時に思い切った決断ができないこともあり、のちに後悔するような結果になってしまった方も多いと思います。仕事の判断に迷わないためにはどのようなことをすればいいのでしょうか? ここでは、決断力の身につけ方について考えてみましょう。

目標を決めて行動する

 決断力を身につけるためには、目標を持つことが大切です。自分が進みたい道、達成したい目標がはっきりしていれば、自分のするべき行動が見えてきます。たとえ、目標を達成しようとする過程の中で注意されたり失敗したりすることがあったとしても、それは成功への近道だと思えるようになりますし、ステップの1つと感じられるようになるでしょう。目標さえあれば、張りのある毎日を過ごすことができ、「やるべきこと」「やる必要がないこと」が簡単に決断できるようになります。目標を持つことで、自分の中の判断基準をしっかりと持ちましょう。

失敗したときのことを考えない

 あなたが悩んでしまう原因は、失敗したらどうしようと考えてしまうからではないでしょうか。失敗のことを考えると、どうしても決断は先延ばしになってしまいます。決断力をつけたいのであれば、失敗のことを考えないで、成功したときのことをしっかりと考えるようにしましょう。

客観的な判断力を身につける

 客観的な判断ができれば、決断は早く出来るようになるでしょう。よい決断ができる人は、たくさんのことを知っています。知識が豊富であるからこそ、たくさんの情報の中から1つを選び取ることができるのです。物事を多面的、そして俯瞰的に捉えられるようになれば、自ずと決断力も向上するでしょう。


 決断する場面では、失敗したらどうしようなどと考えてしまいがちですが、失敗ばかり恐れていては何も始まりません。自分の判断に自信を持つことが、その後の成功に繋がるという気持ちで、決断力をつけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する