1. 営業を成功させるために必要なのは「自分への自信」! 商談を成功させるためのコツ

営業を成功させるために必要なのは「自分への自信」! 商談を成功させるためのコツ

by Aidan Jones
 営業職というのは、商談を成立させて契約を取ることが仕事です。そのため、常に数字で判断される過酷な世界と言えるでしょう。 しかし、契約を次々に取れる、営業成績の良い営業マンであれば、これほどやりがいのある楽しい仕事は他にないと感じているのかもしれません。商談を成功させることができる人とできない人、違いはどこにあるのでしょうか? ここでは、営業マンが商談から契約を成立させるためのコツについてご紹介します。

自分に自信を持つ

 営業マンは、商談を成立させないことには仕事になりません。そうは言っても、相手にも様々な考え方があるので、なかなかうまくは行かないものです。しかし、契約が取れないからと言って、自分に自信がないような、暗い顔をしていると営業は絶対成功しません。反対に、自信に満ちた明るい顔で話をすると、商談相手に、「この人に任せておけば大丈夫」と思わせることができ、商談成功率がアップします。商品や自分自身に対して、自信をしっかりと持つことが商談の1番のコツと言えるでしょう。

相手に話やすい雰囲気作りをする

 商談をするときに大切なことは、相手と話しやすい空気を作ることです。そのためには、笑顔のほかに大きな相槌が大切です。相手の心をほぐし、警戒心をなくさせることで、その後の商談もスムーズに進むようになります。相槌はいろいろなパターンを用意して、相手の話に関心があることをアピールしましょう。話を聞くことで、意外な商談のヒントを見つけることができるかもしれません。しっかりと話を聞いて、営業のヒントを見つけましょう。

知識を深め、質問に答えられるようにしておく

 当然のことですが、売りたい商品に関して、詳しい知識を身につけておく必要があります。相手に質問されたときに動揺していては、せっかく世間話をして和んだ空気が台無しになってしまいます。営業をかける前に売りたい商品の事を詳しく調べ、疑問点は上司や先輩に聞いておくなど、徹底的に勉強しておきましょう。何を聞かれても答えられるという気持ちは自分の自信につながり、相手と商談するときも堂々と話すことができます。また、商品のことを十分に覚えていても、それが質問の回答につながるとは限りません。豊富な知識を持ち、様々な状況や質問に対応できるようにしましょう。


 ここでは、営業マンが商談を成功させるためのコツを紹介しました。自分に自信を持ち、しっかりとした受け答えができる営業マンであれば、商談もおのずと成功するのではないでしょうか。是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する