1. 社会人の第一歩、まずは礼儀作法から! 新入社員がまず身につけるべきビジネスマナー

社会人の第一歩、まずは礼儀作法から! 新入社員がまず身につけるべきビジネスマナー

by karitsu
 新入社員が社会人としてスタートを切った時に必要なのは、自分の礼儀作法に気を付ける事です。マナーをしっかりと押さえることで、ビジネスマンとしてしっかりとした第一歩を踏み出しましょう。ここでは、新入社員が押さえるべき社会人としての礼儀作法の一部を紹介します。

ビジネスマンの基本は清潔感

 ビジネスマナーとして、そして礼儀として新入社員であれば清潔な身だしなみを心がけたいものです。髪型やスーツの着方、身だしなみに神経を使い、老若男女問わず周りの人々に不快感を与えない事が、ビジネスマンとしての礼儀の基礎となります。まずは、着るものや自分の体をしっかりと清潔に保つようにしましょう。

挨拶の礼儀作法

 新入社員のビジネスマンとしては、社内・社外共に初対面の人が殆どを占めるため、挨拶をするシーンが特に多いのが特徴です。お辞儀をして、しっかりと挨拶をするようにしましょう。挨拶の中に含まれる名刺交換についてですが、自分が新入社員である以上、上司の次に名乗って名刺を渡します。両手を添えて、名刺はなるべく相手の胸元に近い部分に差し出すようにしましょう。相手の名刺を受け取る時も両手を使い、目で相手の氏名を黙読する時間を取る事が、ビジネスマンとしての相手を重んじる礼儀作法となります。

ビジネスマンらしい言葉使いに気をつける

 社会人一年生となったからには、いつまでも学生時代の言葉使いをしているわけにはいきません。ビジネスマンとしての敬語の使い方一つでも、それが出来ているか否かによって周りの貴方に対する評価も変わるものなのです。ビジネスシーンで特に多く使われる敬語やビジネス用語の使い方は学んでおくようにしましょう。



 ビジネスマンとしての礼儀作法は、新入社員のこれからを左右する大事な基礎です。しっかりと身につけることで、ビジネスマンとして恥ずかしくないようなスタートを送れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する