1. 丁寧な指導がカギを握る!新入社員の教育をするときに気をつけるべきこと

丁寧な指導がカギを握る!新入社員の教育をするときに気をつけるべきこと

by University of the Fraser Valley
 上司の仕事として大きいことの1つとして、新入社員の教育があります。新入社員をしっかりと教育することで、会社の成長や、自分のスキルアップにも繋がるでしょう。ここでは、新入社員を教育するときに気をつけるべきことを紹介します。

新入社員を萎縮させない

 新入社員というのは、色々な事が分からず不安も大きいでしょう。本人も仕事に対して前向きに取り組もうとしていても、なかなか思ったような働きができないかもしれません。新入社員を教育するとき、あまりに厳しすぎると新入社員は萎縮してしまって、仕事に対しての動きが悪くなってしまう恐れがあります。新入社員の様子をよく見て、本人にプレッシャーがかかりすぎていないかという事を見落とさないように心がけましょう。働きやすい環境を整えてあげるのも、上司として新入社員の教育の一部です。

仕事の内容を確実に伝える

 上司が新入社員の教育指導をするときに気をつけるべきことに、仕事の内容を確実に伝えるという事があります。仕事を長くしてきている人間からすれば、この位のことは分かるだろうと思ってしまいがちです。しかし、新入社員は初めて仕事をするのです。簡単なことでも1つひとつ丁寧に教育し、指導することを心がけましょう。

理解度を確認する

 新入社員の教育指導をするときは、新入社員がきちんと理解しているか確認しながら進めましょう。新入社員は仕事に対して初めて学ぶことも多く、教えた内容が完全に理解できているとは限りません。上司から受けた教育指導の内容を、本人は理解しているつもりでいても、実際は理解していないこともあるのです。そのため、指導に当たる上司は必ず新入社員が実際どの位理解しているかということを、確認しながら進める必要があるのです。



 ここでは、上司が新入社員を教育指導するときに気をつけるべきことについてお伝えしました。新入社員の様子をよく見るということが、より良い教育指導につながるといえるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する