1. 良い上司がいれば部下も育つ!優れた部下を育てるための正しい指導方法

良い上司がいれば部下も育つ!優れた部下を育てるための正しい指導方法


by DavidMartynHunt
 上司が部下を指導する上で大切なことは、仕事の楽しさを教え、仕事に対するモチベーションが上げることではないでしょうか。部下としては、ただ「これをやりなさい」と上司に指示されても、何をしてよいのか漠然としていて仕事がしにくいでしょう。ここでは、部下に対しての指導方法を考えてみましょう。

目的意識を持たせる

人は、目的意識を持って行動すると、自分が何をやるべきかの方向性が分かって、自然とやる気が起こってくるものです。上司が部下を指導する際は、組織全体の目標を明確化することが必要です。具体的に目標を上司が示してあげると、自主的に目標を建てられる部下になっていくのではないでしょうか。

良い結果を残したときは褒める

 上司は、部下を指導の際に、部下に自信をもたせることも上司の大切な仕事です。よ結果を仕事の中で残したときはしっかりと褒めるようにしましょう。また、できた成果だけでなく,そこまでに至った過程での努力も認めることが重要です。ミーティングなどで、組織のメンバーがそろっているときに褒めると周りのモチベーションにも繋がります。

よい聞き役になる

 働いていると、部下も不満や悩みを抱えることがあるでしょう。部下の悩みを解決するために相談に乗るのも上司の仕事です。部下の悩みや不満をしっかりと受け止めてあげることが重要です。そして、途中で,こちらの意見を言って遮るようなことはせず、しっかりと話を聞いてあげるようにしましょう。



 ここでは、部下の指導方法について紹介しました。部下がどのような働きぶりをするのかは、上司の行動によって決まります。しっかりとした指導をすることができる上司がいれば、自然と部下の能力も上がるということを心に留めておいて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する