1. 「働き方革命」を起こすのはあなた!『ワーク・シフト』に学ぶ、新たな働き方のスタンダード

「働き方革命」を起こすのはあなた!『ワーク・シフト』に学ぶ、新たな働き方のスタンダード

by oseillo
 21世紀に突入し、世界ではテクノロジーの発達やグローバル化、地域格差など、様々な変化が見られました。そして今後10年の間に、ビジネス社会はさらに大きく変化するというのです。未来の企業や、ビジネスマンの働き方はどのように変化しているのでしょうか?『ワーク・シフト』という本が、時代の変化に伴う新たな働き方のスタンダードを教えてくれます。

ゼネラリストが評価される時代は終わる 

 働き方の変化の1つ、それはゼネラリスト時代の終焉です。昔は幅広い分野の知識と技能を持つ人材、通称ゼネラリストが評価されていました。しかしグローバル化が進展し、テクノロジーが進化して世界が一本化する時代には、同種の知識や技能をもって仕事を行える人が世界中に多く現れ、個人の価値を示すのが難しくなってしまうのです。

 未来の世界では、その他大勢から自分を差別化することが重要。そのために、専門分野の知識と技能を高める必要があるでしょう。ただし、特定の一つの分野だけではその価値がなくなる危険が伴うため、いくつかの専門技能を連続的に習得していかなければなりません。

未来の「働き方」を支える3つのネットワーク

 そしてグローバル化が進展し、世界中の人々が結びつく時代で個人のプレゼンスを示すには、イノベーション創造性が必要不可欠。これらをを生み出すカギは、「競争力」ではありません。大勢の人達の能力とノウハウ、人脈を統合するための3つの要素からなる「共創力」が求められます。それは「ポッセ」「ビッグアイデア・クラウド」「自己再生のコミュニティ」と呼ばれる人的ネットワーク。

 まず「ポッセ」とは、英語で「仲間」を意味します。非常に難しい課題に取り組む時は、あなたを助けてくれる比較的少数の信頼でき、頼りになる同志が必要なのです。

 続いて「ビッグアイデア・クラウド」。名前から想像できる通り、大規模で緩やかな人的ネットワークを持っている方が、多くの情報を入手できる可能性が高いのです。構成する顔ぶれの多様性が大きいほど、幅広い情報を得られるもの。

 そして「自己再生のコミュニティ」。ネットやSNSの発展に伴い、人間は今後さらにバーチャル空間で活動することが増えることが予想されます。しかし、長期的にバーチャル空間に居続けることは精神的にキツいでしょう。そのため情緒面の支えと安らぎを与えてくれる、リアルの人間関係も、イノベーションと創造性を生み出すためには求められます。
 


 時代と共に、企業や働き方までもが変わってしまうビジネス社会。その時代に合わせ、臨機応変に働き方を変えていくことが望ましいでしょう。しかしどのように働き方を変えていくのか、見際めることは難しいはず。この本には、そんな未来の働き方の基準となるヒントが詰まっています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する