1. これからの企業に必要なのはメディア化戦略!『メディア化する企業はなぜ強いのか?』

これからの企業に必要なのはメディア化戦略!『メディア化する企業はなぜ強いのか?』

by brantleydavidson
 企業間の熾烈なサバイバルが続いている現代のビジネス社会。企業が生き残るために必要なのは、自分が持っている価値を顧客に伝えるPR戦略です。ネットやソーシャル・メディアの発展により、個人で情報の受発信ができるようになった今、企業のPR戦略に必要なのは 「メディア化」と呼ばれるもの。 『メディア化する企業はなぜ強いのか?』という本が、21世紀を生き抜く企業のPR戦略に欠かせない、「メディア化」することの意義について教えてくれます。

なぜ「メディア化」が必要?

 今は顧客が自ら情報を収集し、企業や商品についての見極めを独自に行うことができる時代。それに伴い企業も、既存の広告のように名前を連呼すればいい、という単純なPRではなく、出版社や放送局のように 自社の伝えたいことをコンテンツ化して発信する必要があるのです。

 著者が考える企業のメディア化戦略の目的は、プレミアムなコンテンツを編み、それに付随するイベントを行ったり、継続的にユーザーのためになる情報発信や人的交流などを続けることで、 ロイヤリティの高いユーザーを囲い込み、育成すること。さらに、それをどうソーシャル・メディアの活用につなげ、企業として 効率的かつ 一貫性のあるPR活動が実施できるかが大きなポイントとなるのです。

どうすれば「メディア化」できるの?

  メディア化するための方法の1つとして挙げられるのは 「フリーの仕分け」をすること。ソーシャル・メディアはコストゼロで広報の実施ができる、21世紀を代表するPRツールでしょう。しかし全ての情報を無料で流してしまっては、企業価値の低下に繋がる恐れも。自社の事業価値がどこにあるのかをを見極め、潤沢にある資産をフリー化し、希少価値のあるものを有料で売り込むことが、メディア化成功の秘訣です。

 

 この本では、企業が生き残る上で必要不可欠な新しいPR戦略、「メディア化」について学ぶことができます。情報過多と言われている現代、ネットやソーシャル・メディアによる企業のPRは企業価値を顧客に伝える上で非常に有効。これからはメディア化に成功している企業が、ビジネスをリードしていきそうですね。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する