1. 15分でできる! 仕事のちょっとした休憩時間にできる疲労回復方法

15分でできる! 仕事のちょっとした休憩時間にできる疲労回復方法

by ChicagoSage
 毎日仕事をしていると、どうしても疲労が溜まってしまいますよね。なかなか短い時間では取れないだろうと思うような状態でも、少しの工夫をするだけで疲れが取れるのです。ここでは、仕事の休憩時間を利用した疲労の取り方を紹介します。

短い時間の昼寝をする

 短い睡眠でも十分な効果が得られるというのは各所で言われていることです。休憩時間を利用して、15分程度の睡眠をとってみてはいかがでしょうか。短い時間でも、スッキリとして頭の疲労が取れるはずです。横にならなくてもデスクで少し目を閉じるだけでも十分な効果がありますよ。

ストレッチで全身をほぐす

 ビジネスマンの多くはデスクワークから逃れられません。1日の1/3から2/3の時間を特定の筋肉しか使わない状態で過ごすのですから、それ以外の箇所の筋肉は緊張してしまい、痛みや筋力の低下が起こりがちです。準備体操や、簡単な柔軟体操をすることで、全身の筋肉をほぐし、疲労を回復してみましょう。

短い時間でも散歩をしてみる

 日光に当たると、人間の脳は心を晴れやかにする作用のある、セロトニンという脳内物質を分泌することがわかっています。セロトニンが不足すると、気分が沈みがちとなり、酷い場合にはうつ病に至る可能性もあります。現に日照時間の多寡とうつ病との間に関係を見出す研究報告もあります。短い時間でもいいので、外に出て散歩して見ることで気分転換にもなり、疲れにくくなるのです。


 ここでは、休憩時間にできる疲労の回復方法を紹介しました。少しの時間でも疲労回復に充てることで、体への負担は大きく減ります。しっかりと回復した体で仕事に臨めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する