1. 一人で抱え込むよりまずは相談! 悩みを上司に相談するときに気をつけるべきこと

一人で抱え込むよりまずは相談! 悩みを上司に相談するときに気をつけるべきこと

by CBP Photography
 仕事で悩みを抱えてしまったとき、まず相談すべきなのは上司ではないでしょうか? 上司は職場での悩みを解決するような手助けをしてくれるでしょう。ここでは、上司に相談をするときに気をつけるべきことを紹介します。

相談内容を簡潔にまとめておく

 相談内容ですが、簡潔にまとめておくにしましょう。悩んでいる内容次第では、なかなか言い出しにくいことがあるかもしれませんが、簡潔にまとめておくようにしないと、なかなか相談の効果を得ることができません。まずは簡潔に情報をまとめるようにしましょう。

丸投げの相談にならないように心がける 

 上司に相談するときですが、どうしても上司に頼りっぱなしになってしまう恐れがあります。上司の力を借りることは非常にいいことですが、自分で解決できるような内容でさえ、自分ではなく、上司に解決してもらうような状態はよく有りません。自分の意見や考えを持っていくと良いでしょう。

自分で解決策を提示して許可をもらう

 上司に相談するときに一番有効なのは、自分なりの考えを持ってきて、その承認を貰う形ではないでしょうか。なかなか自分一人で許可を得ずに悩みを解決しようと思っても難しいことがあります。相談することで、許可をもらって自分なりの解決ができれば、それがベストなのではないでしょうか。


 
 ここでは、上司に悩みを相談するときに気をつけることを紹介しました。上司に丸投げするのではなく、自分なりに考えてきたことを上司に確認してもらいアドバイスを貰うようにすると、良い相談の形を作ることができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する