1. 【おしゃれの教科書】おしゃれは足元から!ビジネスマンならやっておきたい革靴のお手入れ方法3つ

【おしゃれの教科書】おしゃれは足元から!ビジネスマンならやっておきたい革靴のお手入れ方法3つ

出典:tumblr.maninpink.co
 ビジネスマンたるもの身なりには気をつけたいもの。しかし靴はついつい手入れを怠りがちなため、スーツ姿は見事でも足元はヨレヨレだったり汚れが目立つなんてことも。ここでは、ビジネスマンならやっておきたい革靴のお手入れ方法3つをご紹介します。

綿の布で表面の汚れを落とす

 チリやほこりなどの汚れは革靴の天敵。付着したまま放っておくと革が傷み、靴の寿命を縮めてしまいます。そこで下駄箱に綿の布を1枚置いておき、帰ったらサッと拭く習慣をつけましょう。

 革靴用のブラシもありますが、磨き過ぎはかえって傷がつき逆効果。サッと拭く習慣付けをしておけば、適度に靴をきれいに保つことができます。

新聞紙をつま先に詰め込む

 汚れだけでなく、汗や雨などの水分も革靴の天敵。1日履いているだけでも足からの汗はコップ1杯分出ると言われており、それが臭いと劣化の大きな原因となっています。また、雨に濡れて放っておいたままだとシミやカビが発生することも。

 そこで靴箱に新聞紙を置いておき、靴を脱いだら新聞紙を丸めて詰め込む習慣付けをつけましょう。靴の水分を新聞紙が吸い取り、適度に乾燥するだけでなく、履きジワが伸びるため靴の形を保つことにもつながります。

定期的に靴を休ませる

 お気に入りだからといって、同じ靴を毎日のように履き続けてはいませんか?前述の通り足からの汗はおよそコップ1杯分であり、靴は汗を自然に蒸発させるまで2日はかかるのです。そのため靴の最大のお手入れは、靴を履き回すことだとも言われています。

 理想は3足をうまくローテーションすること。そうすることで靴を定期的に休ませられ、履きつぶすことなく長く履けるため経済的でもあります。


 あれこれとめんどくさそうなイメージの革靴のケアですが、日々のお手入れは簡単で1分もあれば出来てしまうのです。ちょっとした手間をかけて、年単位で靴の寿命が伸びるならやっておいて損はないと思います。ぜひ、みなさんも革靴のお手入れに挑戦してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する