1. 身だしなみの基本! スーツの汚れ・臭いは事前の予防とケアが重要

身だしなみの基本! スーツの汚れ・臭いは事前の予防とケアが重要

by june29
 スーツを毎日快適に着るためには、それ相応の手入れをする必要があるでしょう。また、スーツを清潔に保つことは、身だしなみの基本でもあります。しっかりと汚れや臭いに対応する必要があるでしょう。ここでは、スーツの汚れや臭いに対応した手入れの仕方を紹介します。

汚れの原因を取るためにも毎日の手入れを欠かさず行おう

 汚れの原因は、雨や部屋に含まれるホコリの場合があります。毎日のスーツの手入れをしっかりと行うことで、汚れの原因を防ぎ、長くスーツを清潔な状態で保つことができるでしょう。ホコリなどは、はたきで軽く払い、その後ブラッシングをすることで汚れになるのを防ぐことができます。

スーツの汚れには素早く手入れをしたほうが吉

 スーツが濃い色だと、汚れ自体は目立ちにくいものになりますが、そのままにしておくと取れないシミになってしまいます。汚してしまったと気づいたら、汚れに合った早めの処置をすると、比較的簡単に落とすことができます。シミを付けてしまったら、帰宅してすぐに食器用の洗剤で布を少し濡らして、ポンポンとたたくように当てます。だんだんタオルに汚れがつかなくなったら、水を染み込ませた布で生地を押すようにして汚れを落としましょう。こうするだけでも簡単な汚れは落ちてしまいます。酷い汚れであれば、この対処をした後にクリーニング店に持っていくようにしましょう。

見えない「臭い」にもしっかりと対処を

 スーツの汚れは目に見えるものだけではありません。臭いも汚れの1つと言えるでしょう。臭いはどんどん染み込むものなので、放置しておくと混ざり合ってしまいます。まず、基本的に心がけることは、帰宅したらスーツの上下はハンガーに広げてかけて、風通しの良いところに干すことです。お風呂場の湯気や蒸気のあたるところに干しておくとより強力な臭いも取ることができます。


 ここでは、スーツの汚れを取るために行うべき手入れを紹介しました。毎日の手入れをしっかりと行い、汚れが付いてしまったときは、手入れをしっかりとして、クリーニングに出すことが必要です。身だしなみの基本としてしっかりと押さえておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する