1. 相手にはっきりとインパクトを残す! 短時間でも印象に残るスピーチのコツ

相手にはっきりとインパクトを残す! 短時間でも印象に残るスピーチのコツ

by tobiastoft
 スピーチにおいて重要なのは、相手にインパクトを与え、印象を強く残すことです。そのためには、話し方に工夫をしていく必要があるでしょう。ここでは、スピーチで相手に強い印象を残すための話し方を紹介します。

スピーチでは話す速度が重要

 スピーチで重要なのは、話す速度です。時間を意識するがあまり、早口でスピーチをしてしまうと、どうしても相手の印象には残りません。また、抑揚を付けない、平坦なスピーチもなかなか印象には残りにくいでしょう。話す速度を意識し、まずスピーチの内容を簡潔にまとめること、そして、なるべく重要な部分は落ち着いて話すことが重要です。

言いたいことは何かをはっきりさせる

 スピーチというのは、話がどんどんと流れて展開していきます。この時、スピーチ自体にめりはりや、きちんとした構成がないと、聞いている側は、何について話しているかがわからないという事態に陥ってしまいます。話すときに重要なのは、ワンテーマで話を完結させるということです。特に、短いスピーチの場合は、原稿を用意せず、話しながら自分の頭の中で構成を組み立てることもあると思うので、この点には十分注意しましょう。

スピーチではジェスチャーも重要なポイント

 スピーチで内容がはっきりと伝わるようにする話し方には、スピーチする人自体の存在感も大きな位置を占めます。そこで、内容に沿ったジェスチャーは有効です。視覚的な情報は、時に耳から入る情報よりも大きなポイントになります。ジェスチャーをしながらスピーチをすることで、ジェスチャーと内容が紐付いて、相手の印象に残るのです。


 ここでは、相手の印象に残りやすいスピーチの話し方のコツを紹介しました。スピーチは短い時間で話をまとめる必要がありますが、重要なポイントを押さえることで相手の印象にはっきりと残すことができるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する