1. 固いバターを無理してパンに塗る時代は終わりました。熱伝導でバターを溶かすナイフが登場

固いバターを無理してパンに塗る時代は終わりました。熱伝導でバターを溶かすナイフが登場

 朝食はトーストとバターでパンという人、たくさんいるのではないでしょうか。パンとバターの相性の良さたるや筆舌に尽くし難いほど。ですが、冷蔵庫でバターを保存しているとバターが固くなってしまい、パンに塗るどころかブロックから切り出すのも一苦労…。

 今回は、そんな固くなってしまったバターを簡単に切れて、パンに満遍なく塗ることができるバターナイフ「Heated Butter Spreader」を紹介したいと思います。
 「Heated Butter Spreader」は通常のバターナイフとほぼ同じくらいの厚みで、何か特別な機能があるとは思えないほどシンプルですが、ある秘密を秘めています。
 それは、手の熱を伝導させることでナイフ全体を温めるチタン素材のセラミック材を用いていること。
 この熱伝導するチタン素材を用いているため、電気も加熱するための機材も必要ありません。故に、ボディもシンプルで使い勝手も通常のバターナイフと変わりません。
 この熱伝導のおかげで、通常のナイフでは難しい冷えた固いバターをカットすることはもちろん、通常の氷ですらスマートに刃を入れることが可能です。


 この「Heat Butter Spreader」は、現在Kickstarterで資金を募っており、既に予定を超える資金の調達に成功しています。気になる値段ですが、一つ$20から購入することが可能で、$180で10個入りのお得なセットも販売されています。

 朝、中々切れなくてパンに乗せても全然広がらない固いバターにストレスを感じていた人にとって、まさに待ち望んでいたバターナイフでしょう。「Heat Butter Spreader」で朝食の時間をより楽しくストレスフリーにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する