1. 自由な私服勤務でも要注意! 社会人として恥ずかしくない服装をするようにしよう

自由な私服勤務でも要注意! 社会人として恥ずかしくない服装をするようにしよう

by mynameisharsha
 ビジネスカジュアルとして、私服で出社OKの企業も多くなってきました。また、制度として決まった日は私服で出社してもよいという企業もあるようです。しかし、私服でも最低限社会人として守るべきマナーがあります。ここでは、私服出社の会社でも最低限気をつけるべき社会人のマナーを紹介します。

襟付きの服が好ましい

 仕事とはいえ、会社には仕事をしにいくのですから、それなりの格好というものがあります。まず、上に着る服ですが、Tシャツなどはビジネスシーンによってはふさわしくないとされてしまう場合も。特に、会議や上司との共有時などは、襟付きのポロシャツなどを着ることが好ましいでしょう。

ボトムスは長丈、サンダル等は外出時に用いない

 ボトムスは長い丈のものを着ることが社会人としての服装としてのマナーです。半ズボンは確かにラクですが、正式な服装としては認められません。長い丈のボトムスを履くようにしましょう。

 また、靴に関しては、オフィス内であれば、サンダルやスニーカーでもいいのですが、来客時などに履きっぱなしで対応してしまうと失礼になります。確実にそれら以外の靴をオフィスに置くようにしましょう。

華美な服装や色使いなどに注意

 露出度が高すぎる服装はビジネスの場に相応しくないため、着ないほうがいいでしょう。また、色については、オフィスであることを考え、派手すぎるものは避け、なるべく暗めの単色のものを選ぶようにしましょう。


 ここでは、私服勤務が許されている社会人の服装のマナーを紹介しました。私服で勤務するときも、確実に最低限のビジネスマナーは守るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する